未来を作る学生インターン主導チーム。

【今日から実践】人を惹きつける話し方とは?

 

 

「あの人の話し方、惹きつけられるなあ」   

誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

言っていることは一緒なのに、自分と説得力が違う…

人を惹きつける話し方ってこの先の就職活動だけではなく

社会人になってからも持っていたい能力ですよね!

 

 

一見生まれ持ったスキルのように感じる「人を惹きつける話し方」ですが

意識さえすれば、誰でも習得できるスキルということをご存知でしたか?

今回は「人を惹きつける話し方」の秘訣を

いくつかご紹介致します!

 

 

そもそも、人を惹きつける話し方とは?

 

ズバリ、人を惹きつける話し方の秘訣は、

「非言語コミュニケーションを駆使すること」

うーん、一見難しく聞こえますよね。

そもそも非言語コミュニケーションとはどういったものでしょうか?

 

非言語コミュニケーションとは

 

言葉以外のコミュニケーションのことを指します。

 

 

具体的には

相手の視覚に伝わる、ボディランゲージやジェスチャー、表情、相手の視覚に伝わる、声のトーンやスピード、緩急や間…などなど。

というのも、日頃からの人とのコミュニケーションにおいて

「非言語」による情報は、話している内容より優先して受け取られているようです。

確かに早口で訴えかけられるより、ゆっくりと訴えかけられる方が

説得力がありますよね!

 

では実際にどういった非言語コミュニケーションが

「人を惹きつける話し方」をするために効果的なのでしょうか?

 

アイコンタクト

 

 

「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、目の動かし方一つで与える印象は変わります。

 

・ まっすぐで力強い目:誠実さや信頼、自信

・ 伏し目がち:不安や後ろめたさ、自信のなさ

・ 目が泳ぐ: 落ち着きのなさ

 

などなど。魅力的な話し方をする上でしっかりと相手を見ること

重要なポイントと言えそうです。

 

 

ボディランゲージ

 

身振り手振りを言葉や話の内容、感情表現に合わせて効果的に使うことで、より話の臨場感が増します。

 

 

重要なメッセージを伝える時、メリハリをつける時など、ここぞというタイッミングで活用しましょう。

 

具体例としては以下の通りです。

・ 大小を表現する:「大きさ」を示すときはゆっくり動かす。「小ささ」を示すときは早く示す。

・ 感情:喜怒哀楽を手で表す。喜びのガッツポーズなど。

 

また、手ぶらで話し始めると聞き手に自信や余裕を感じさせる効果があります。

 

声のトーン・大小・スピード

 

スピーカーなどの人前で話すプロが特に意識していることが「声の使い方」です。

 

 

秘密話では声を小さくするように「声の使い方」を変えるだけで

話の印象や伝わり方は大きく変化します。

 

声のトーン

 

高い声は親しみやすさを、低い声は権威性や安定感といった印象を与えます。

具体的には、本当に伝えたいメッセージを低くすることでそのメッセージの信 憑性や重要性をアピールできます。

 

声の大小

 

聞き取りつらい小さな声は自信のなさを、大きな声は自信や積極性といった印象を与えます。

また、言葉の意味に合わせて大小を変化させると言葉を補強することができます。

例えば、「大きな車が通った」と話す場合は、「大きな」を大きい声で話すなどです!

話のスピード

 

話のスピードで言葉の意味・重要性・相手への伝わり方をコントロールできます。

早くリズムよく話すことで、ポジティブで勢いのある印象に、ゆっくり話すことで重みや深刻さといった印象を与えます。

 

間のあけ方

 

話している「、」や「。」に相当するところで、少し間をあける。この間を意識して話すのか、そうでないのかで分かりやすさの印象が大きく変わってきます。

人は話し手の立場に立つと間を怖がってしまう傾向にあります。

確かにほんの少しでも間が空くと「何か話さないと」と考えてしまいますよね!

ですがこれは大間違いで、

ゆっくり間をとって話した方が聞き手にとって圧倒的に聞きやすく、落ち着きや自信のある印象を与えられます。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

大きく3つの「人を惹きつける話し方」の秘訣をご紹介しましたが、

すべてのポイントを意識して話すのは難しいですよね。

まずは今日から、1つずつ意識して話してみましょう!

 

 

参考URL https://www.super-communication.info/entry142.html