未来を作る学生インターン主導チーム。

【就活女子に捧ぐ】就活メイクのススメ

こんにちは!ハシゴ大阪の鈴本です。

 

秋・冬インターンの選考が本格化してきましたね!

大阪でもリクルートスーツに身を包んだ学生の方が増えてきたように感じます…。

 

そこで気になるのが

 

「リクスーにいつものメイクって変だよね?」

「ぶっちゃけ、どの程度のメイクの濃さならオッケーなの?」

 

という点で悩まれる方も少なくないはず!

 

そんな悩める就活女子に捧ぐ

「就活メイクの正解」をご紹介します。

 

 

 

そもそも就活で好感度の高いメイクって…?

就活メイクでは、とにかく「きちんと見える清潔感」と「健康的な血色感」の2点が重要。

この2点をアピールするためにも、老けた印象になりがちなしっかりメイクは避けるのが無難です!

実際に就活NGメイクと就活OKメイクを比較してみると…

http://howcollect.jp/article/2729

確かに就活OKメイクは就活NGメイクに比べて清潔感、血色感共にありますね!

就活メイクとは「薄いメイクでいかに自分自身の魅力を最大限に引き出すか」がポイントなのかもしれません。

 

 

またメイクの順番としては、眉を先に決めることで全体の化粧の濃さを調整しやすいようです!

眉が太めで濃い人は目元を薄めに、眉の印象が薄い人は目元をやや濃く、など全体のバランスを取りましょう。

 

オススメの就活メイクの順番がこちら。

①眉

②アイライン

③アイシャドウ

④マスカラ

⑤チーク

⑥リップ

この順番でメイクに取り掛かることで、全体のバランスを取りやすくなります!

今回は特にメイクの印象を変えやすいと言われる眉・アイライン・リップメイクに絞ってご紹介致します!

 

眉メイク

眉山の角度が急すぎるとキツイ印象に。下がり眉だと弱気な印象に。眉毛一つで印象はガラッと変わりますよね!

特に就活ヘアの象徴である低めポニーテールにぴったり前髪は眉毛がしっかり見えがち。

眉毛は気合を入れて描いた方が良さそうです(笑)

 

ポイントは以下の2点です。

①眉山は黒目の端と目尻の間に設定すると、自然且つ知的な印象になります。

http://more.hpplus.jp/beauty/look/14628

 

②眉自体の長さは唇の端と目尻の延長線上までが理想と言われています。

https://www.pinterest.jp/pin/451345193887923669/

 

以上の2点を抑えて、全体的にふんわりと眉毛を描きましょう!

 

アイライン

 

ズバリ就活で大事なのは“目の大きさではなく、目の力”

そのためにも自然で目元をくっきり見せてくれるアイラインが理想ですよね!

プロセスは以下の通りです。

 

①目尻を引き、アイラインの終着点を決めます。

https://matome.naver.jp/odai/2144310990429679501?page=2

 

②次にまつ毛の間を埋めるようにラインを引きます。こうすることで自然に目力をアップできます。

また、まぶたを持ち上げながら引くとよりナチュラルな仕上がりに。

https://matome.naver.jp/odai/2144310990429679501?page=2

 

 

③最後に目頭をきちんと引くことで、自然なくっきり目元を目指せます!

https://matome.naver.jp/odai/2144310990429679501?page=2

 

 

リップメイク

就活女子にとって特に悩むのがリップメイクですよね。

まずグロスと口紅、どっちが正解?

艶やかな印象を与えるグロスも素敵ですが、就活ではきちんと感を出せる発色の良い口紅がマスト。

 

色味は程よいベージュオレンジやベージュピンクを選んで、ヘルシーな血色感を作り出しましょう。

ベージュピンクだと可憐な印象に、ベージュオレンジだと快活な印象をアピールできます。

https://matome.naver.jp/odai/2144310990429679501/2144378820234938903

 

また、就活メイクではパキっとした赤色や奇抜なカラーは避けた方がよさそうです。

 

 

まとめ

「清潔感」と「血色感」を表現する就活メイク。

普段のメイクでも活用して行きたいテクニック一杯ですね!

 

自分自身の魅力を最大限に引き出す就活メイクをマスターして、好感度を上げて行きましょう!!

 

 

参考URLhttp://shukatsu-beauty.shiseido.co.jp/