HASIGOLOG

【18卒・大学生必見】就活に資格は必要?いつから取ればいい?

18卒のみなさん!

そろそろ春休みに入り、旅行・遊び・バイトの予定を立てている頃ではないでしょうか?

「就活始めた方がいいのかな?」

「でも何していいかわからない….」

そんな方は必見です!

今回は就活に役立つ資格をご紹介していきます。

資格は大学4年のエントリーシート提出時に取得していないと認められません。

それに加えて資格の中には1年に1度しか試験がないものもあるので

出来るだけ早く、遅くても3年生のうちに資格取得に向けて動き始める必要があります。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766 s-500x334

就活に有利な資格って?

就職活動において大切な事ってなんでしょうか?

あなたが面接官をするならどんな人を採用しますか?

自分のアピールポイント・強みは、はっきりしていて多いに越した事はないと思います。

そこで他人との差別化にもなり、自分の魅力の一つになる物が資格です。

では、就活に有利になり得る資格ってなにがあるのでしょうか?

簿記検定

3905cedcfed0cf98c056d710dcdf0cbf s-500x332

簿記の資格は事務や経理の仕事に就きたい方は取っておきたい資格です。

また、数字を扱う能力は何の職種においても大事な能力ですし、

簿記の資格があるというのは就活への意欲が高いとみなされる事もあります。

簿記検定は「日商簿記・全商簿記・全経簿記検定」の3つありますが

一番知名度の高い日商簿記検定で資格を取る事をおすすめします。

簿記1級の取得は、公認会計士や税理士の資格にも繋がるので

公認会計士・税理士を目指している方には特におすすめです。

ちなみに簿記1級は、公認会計士でも落ちたりするくらいの難易度です。

長い学生生活のうちに1級、2級を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか?

詳しくは下記URLよりご確認ください。

日商簿記の試験の詳細はこちら!

TOEIC

8ba5fe1a560d77db28df934a15dba297 s-500x375

TOEICホームページ(https://square.toeic.or.jp/job/c1)によると、

日本の約7割の企業が採用時にTOEICの点数をチェックしているそうです。

また、入社決定後の配属を決める時も、約6割の企業がTOEICのスコアを参考に

配属先を考えるそうです。

希望の部署に就くことや昇進・昇格を考えるなら、TOEICスコアは必須なのかも知れません。

TOEICを有利な資格として就活に使うには

最低でもエントリーシート提出時に600点以上のスコアがあれば良い評価に繋がる可能性が高いです。

返って500点以下の数字であれば自分の評価を下げる事に繋がる可能性もあります。

なので一般企業を目指している方は600点以上

仕事で英語を使う企業を目指している方は700点以上を目指し勉強してみましょう。

まずは、一度TOEICを受けてみて自分の現状を知ることから始めてみて下さい。

コンスタントに継続して勉強すれば600点は必ず突破できます。

詳しくは下記URLよりご確認ください。

TOEIC公開テストスケジュールはこちら!

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

5bb437526f295c7132c270cb1976d687 s-500x334

MOSはエクセルやワード等のマイクロスフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。

現在はパソコン抜きでオフィス業務をこなす企業は、ほとんどありません。

特にエクセルは企業に入った時にかなり使うのでこの資格は一つの有利な資格になり得ると思います。

この資格は難易度を◯級でなく、

スペシャリストレベル(一般)・エキスパートレベル(上級)の2種類で表します。

パソコンのスキルは必ず必要なので時間のある大学生活のうちに

是非パソコンスキルの証明になるMOSを取得してみてはいかがでしょうか。

詳しくは下記URLよりご確認ください。

MOS試験の詳細についてはこちら!

FP(ファイナンシャル プランナー)

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634 s-500x327

FP(ファイナンシャルプランナー)は、顧客である個人から、

収支・負債・家族構成・資産状況などの情報提供を受け、

それを基に住居・教育・老後など将来のライフプレアンニングに即した資金計画や

アドバイスを行うファイナンシャルプランナーのスキルを証明できる資格です。

自分自身の生活に役立つのはもちろん、沢山のメリットがあります。

・ 今後、ニーズが増加する分野の資格である

アベノミクスや株など税金が100万円まで非課税となるNISA等の影響によって、 個人の「資産運用」のニーズが高まってきています。

・ 就職や転職に際して、有利に働くことがある

 FPの資格を持っている事は、金融や経済の最低限の知識を身につけている事を意味します。
そのため金融業や証券業界では有利な資格になります。

・ 経済の情報について深く理解する事ができる

新聞や記事などの情報を読む際に、FPの資格のために勉強した知識をベースに
様々な情報をより深く理解する事ができます。
社会人の基礎としてFPの資格は一生ついてきます。

金融系・証券系の業界を目指している方には特におすすめの資格です。

業界が決まっていなくても必ず役に立つ仕事の一つです。

詳しくは下記URLよりご確認ください。 FPの詳細はこちら!

編集後記

いかがでしたか?

春休みが始まり沢山時間ができる方が多いと思います。

その時間をどう使うかは、もちろん個人の自由ですが、少しだけ就活を意識して

資格取得に関して考えてみてはいかがでしょうか?

就職したい業界や会社がまだ決まっていない今でも、

その時間をどう使うかは大切です。

学生生活を楽しむだけでなく、少し早めから就職に余裕が持てるよう

将来を考える時間、将来のために動く時間を確保してみてはいかがでしょうか?

関連記事

【ハシゴ業界研究】就活生必見!30秒で分かる!業界別平均年収ランキング!

【現大学3年生必見!】18卒の就活はいつから始めたらいいの?

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page