HASIGOLOG

結局就活に英語って必要?なんで必要?

学生のみなさん!英語好きですか?

「英語はできた方がいい」

「TOEICを受けた方が就職に有利になる」

よく周りの先生方から言われる言葉だと思います。

しかし実際どうなのでしょうか?

グローバル化が進むから英語が必要と言われてもあまりイメージつきませんよね。

今回は英語の必要性を具体的に紹介していきます。

英語の必要性

b65d0e2784eb5af68a9c32bcaa1e11ee s-500x334

もちろん英語は、「あった方がいいのか」「なくてもいいのか」その天秤にかけると、もちろんあった方がいいです。

日本にいても必要になってきている現状です。

さらに以下のようなデータが出ています。

上場企業の75%の企業が英語を使用

グローバル人材育成のための取り組みを企業の50%が実施

グローバル人材育成のための取り組みとして80%の企業が「英語研修」

TOEICホームページより引用:https://www.toeic.or.jp/toeic/about/data/katsuyo_2013.html

以上のように、日本企業でも英語力はかなり重視されていますし、これからより必要性は増してくると考えられます。

自分が英語を使う企業に入る予定がない方には無縁な話と思うかもしれませんが、そんなことありません!

多くの大手企業入社時にTOEICのスコアを提出させる事がある。

入社時に英語力のテストが行われる企業が多くある。

多くの大企業は社内公用語を英語にする方向に進んでいる。

英語は使う事がないと思って入社した企業でも

グローバル化を視野にいれて英語を取り入れる事が増えてきています。

就職してから増す英語の必要性

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77 s-500x334

企業に入って昇格する時に英語力も必要な能力に入ってきます。

役職が上がるにつれてTOEICの必要点数が上がる企業もあれば

TOEICの最低スコアを600点と考える企業も多くあります。

就職活動時にはもちろん、昇格する際にも英語は必要になってきています。

上記の記事であったように、英語以外のビジネススキルがあっても

TOEICの点数が取れないが為に昇格できなかったり、最悪の場合降格する事もあるそうです。

最低限600点を目標にTOEICを勉強しよう

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766 s-500x334

これからTOEICのスコアは就職に有利ではなく、

あって当たり前のスキルになってくると考えられます。

「あった方がいい」から「あって当たり前」になってきます。

まずは最低限600点の点数を取りましょう。

学生である今の時期が、かなり時間をかけて勉強できます。

英語は誰もが今すぐに取り組めるものだと思います。

のんびり楽しく学生生活を過ごす事も良いと思います。

でも、その中に少しでいいので英語を勉強する時間を設ければ

就職活動を余裕を持って始められるのではないでしょうか?

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page