HASIGOLOG

18卒エンジニア・デザイナーが今からすべきこと。無謀な就活を避けるために。

18卒の就活はすでに始まっている。

総合職を目指す学生であれば

サークル活動、インターン、ビジコンなど様々な活動を意識し始めただろう。

すでにやっている人もいるかもしれない。

ではエンジニアやデザイナー志望の学生はどうすれば良いのか。

勿論、インターンや制作コンテストなども有効な手段である。

しかし、それだけでは絶対にまずい。

あるものを作る必要がある。

技術職が技術力を証明できないとまずい

shared-img-thumb-TSU888 annabokujyou TP V-579x386

エンジニアとデザイナーは技術職。

総合職と違い、ポテンシャル採用はないと言って過言ではない。

研修コストのことを考えれば当然であろう。

就活生の時点で、ある一定水準の技術力は求められる訳だ。

*)ハイレベルの技術力が必要という訳ではない

そのため、エンジニア、デザイナー志望学生は

「過去の作品をご提示ください」

と必ず要求されるだろう。

そんな時、「ないです…」では無謀な訳だ。

だから、学校で制作した作品でも課外活動の作品でも

作品集をどこかにまとめておくことが重要となる。

*)無謀は言い過ぎかもしれないが、証明できる作品集があった方が説得力がある

エンジニア志望であればGithub

github-logo-579x386

エンジニア志望者であれば耳にしたことはあるだろう。

Githubは開発ソースコードを共有保存できるwebサービスである。

そこに作品を保存しておき、就活の際にGithubアカウントを提示しよう。

無料でアップロードできる。

詳しくはこちらの記事で紹介されているので参考にしてみては?

エンジニアインターンに参加すべくGitHub上にソースコードを展開してみよう

*)インターンに関する記事だが、就活でも必須だ!

デザイナー志望ならポートフォリオ

デザイナー志望者も同様にポートフォリオ(作品集)を作っておこう。

デザイナーによっては独自に自身のHPを作成し、ポートフォリオを持っている。

しかし、Webデザイナー志望でないならわざわざHPを作ることは非常に面倒だろう。

そこで無料で気軽にポートフォリオを作れるサービスをいくつか紹介。

①GoogleDrive(グーグルドライブ)

Google drive security 000-500x333

過去の作品をPDFファイルでGoogle Driveにアップロード。

共有設定で誰でも閲覧可能にする。

そのURL、もしくはPDFファイル自体を採用担当者に渡す。

お手軽なので、この手法をする学生は結構多い。

②Tumblr

ミニブログのようなサービスであるが、ポートフォリオとしてかなり使える。

詳しくは以下で見てみよう。

イラストレーターさん必見!Tumblrで無料・簡単・おしゃれなポートフォリオサイトを作ろう

③CASE by Wantedly

case-og-18db03a309c1990de341a98aaca292a1-735x386

人材紹介サービスのwantedlyが提供するポートフォリオサービスである。

④世界中で使われるBehance

maxresdefault-686x386

世界中のクリエイターが作品を公開しているサービスだ。

就活で技術力は作品で証明するしかない

以上のように、サービスはいくらでもある。

自分の一番好きなものを使えばよい。

どんなツールを使っていようが

「どんな作品があるの?」

という問い対して

すぐに提示できる状態にしておくことが大事なのだ。

エンジニア、デザイナー志望の18卒学生は

今の内からこのような準備をしっかりとしておこう!

おすすめ記事

ボディペイントで超話題!武蔵野美術大学卒”スーパーフラッシュ”チョーヒカルとは?

素直に嬉しい。 そんな感情を大切にしながら。─武蔵野美術大学 下出ふぶきさん

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page