未来を作る学生インターン主導チーム。

昆虫食!?コオロギラーメン!?昆虫を愛してやまない地球少年!

どうも、こんにちは。
有松です。

今回は、以前「G1 COLLEGE」というイベントに参加した際に知り合った、凄まじく突き抜けた人材にインタビューさせていただきました。

非常に多忙の中、お時間お作り頂き感謝です!

篠原 祐太(しのはら ゆうた)

1994年地球生まれ。
慶應大学に在学中。
現在は「地球少年」として、昆虫食の魅力や可能性を伝える日々を過ごす。
多様な虫料理企画の主催から、虫料理のケータリング販売、虫授業や虫ワークショップ、世界初の虫ラーメン開発や、虫定食や虫フレンチを始めとする虫料理プロデュースに至るまで、幅広く手掛ける。
中でも、赤坂サカスでの虫ラーメンの限定販売は、2日で600杯を完売し、大きな話題を呼んだ。
自然や生き物たちと全身で触れ合うのが生きがいで、地球を感じるツアーも多数開催中。

〜昆虫食〜

篠原くんの昆虫との出会いについて教えてください!

物心ついた頃から大好きでした。

小さい頃から、暇さえあれば、野山に繰り出し、虫捕りをする日々でした。

気づけば、周りからは虫博士と呼ばれていました。

 

なるほど・・・では、何がきっかけで昆虫を食べようという気になったのですか?

体が求めていたんだと思います。

好きだから一緒になりたいと。

気づいたら口に入れてたといった感じです。

・・・

結構本気で言ってるのですが、真面目っぽく答えると以下の通りです。

日本では、虫に対する強い嫌悪感や、先入観や思い込みが根強いです。

しかし、世界では20億人が虫を食べているとされ、日本でもイナゴを食する文化もあります。

僕は、昆虫食が大好きなんです。

そこで、美味しくて楽しい昆虫食を届けることで、虫や昆虫食への偏見をとりのぞき、昆虫食の可能性を伝えていきたいと思ってます。

昆虫食の溢れる魅力が偏見で埋もれちゃてるのはあまりに勿体ない!

食の実感や未知に挑戦する喜び、体を動かす楽しさや自然の魅力 etc、昆虫食を通じて得られる喜びは無限大です。

 

昆虫食パーティーの動画

 

一番美味しい昆虫は?

虫には様々な美味しさがあります。

特に重要なのは、味的な美味しさと精神的な美味しさでしょうか。

 

①味的な美味しさ

所謂美味しさですね。

食材として味的に美味しいかどうか。

細かく分けると様々な分類ができると思っています。

例を挙げると、味に旨味があるものとしては、カミキリムシ(トロっぽいクリーミーさ)が優秀。

食感が美味しいものとしては、アリの子が優秀。

香りが美味しいものとしては、タガメが優秀(それゆえ、お酒やデザートとの相性も良いんです)だと思っています。

風味が面白いものとしては、サクラケムシが優秀(桜餅みたいな香りが鼻にぬけます)だと思っています。

 

②精神的な美味しさ

一緒になれる幸せ度が高いかどうか。

カロリーとかでは表現できないものです。

僕の場合、こっちの美味しさでいうと、ゴキブリが圧倒的です。

なんか生命力を感じるし、あふれでる生きる力があるんですよね。

それゆえ、味的にはそこまで優れていないゴキブリが僕は大好きなんです。

幸せに感じるんです。

 

一番好きな昆虫は?

ゴキブリが大好きです。圧倒的生命力。とにかく愛おしいです。
(今更ですが、写真は割愛します。)

 

今後、日本国内で昆虫食を浸透させるために必要なことは?

まずは、世間的なイメージを打開することが必要だと思います。

虫に対しては多くの誤解や偏見があります。

あまりにもイメージが悪いです。

そこを、可愛らしい昆虫食や、本当に美味しい昆虫食を届ける中で、崩していきたいです。

少しでも興味を持ってもらうために必要なことを日々考えています。

 

〜コオロギラーメン〜

コオロギラーメンが誕生したきっかけを教えてください!

大好きなラーメン凪さんに行った時に、味の感想をTwitterでつぶやいたところ、凪の社長さんが僕のことを知って下さっていて、リプライを下さいました。

そして、やりとりをする中で、虫で出汁をとったラーメンを作ってみようと意気投合し、ラーメン凪さんと共同開発することになりました。

コオロギラーメンとは文字通り、コオロギで出汁をとったラーメンです。

ラーメン一杯につき、100匹のコオロギを使っています。

共同開発のお陰様で美味しいコオロギラーメンができ好評をいただいています。
コオロギラーメンの動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=w7gHuXSXP9Y

 

どうして「ラーメン」に「コオロギ」なのか。

様々な昆虫で出汁をとったんですが、どの昆虫よりもコオロギが味的に相性が良かったからです。

 

コオロギラーメンができるまでの動画↓

 

実際のお客さんの反応は?

想像以上に好評をいただけています。

「虫にしては美味しい」ではなく、「食べ物として美味しい!」「ラーメンとして美味しい!」と多くの人に思ってもらえるよう、日々開発に励んで参ります。

 

昆虫ラーメンの今後のビジョンは?

既存の昆虫食の多くは、素揚げなど、形そのまま、話題性を前面に押し出したものが多いですが、僕は、昆虫食の新しいあり方を提示したいです。

つまり、楽しいから食べる。

美味しいから虫を食べる。

そうなってほしい。

国民食のラーメンとコラボする中で、ゲテモノや奇食の域を超えられるかが勝負だと思います。

 

〜冒険〜

アマゾンへ旅に行かれいたみたいですが、何目的で行かれたのですか?(答えられる範囲内で)

テレビのロケで行ってきました。

詳しくは、番組公開まで話せないので、ぜひ番組を見てください!

 

http://www.tv-asahi.co.jp/chikyu-issyu/

 

実際アマゾンに行かれてみてどう感じましたか?

未知のいきものたちとふれあい、想像を絶する雄大な大自然に包まれる日々は、何者にも代えがたい喜びでした。

しかし、実際に行ってみないとわからないことは想像以上に多く、何から何まで新鮮な発見でした。

言葉や文字では伝わらないものなので、とにかく29日の放送を観て欲しいです。

そして、現地に足を運んでみて欲しいです。

 

〜シェアハウス〜

シェアハウスもやっているらしいですね!シェアハウス「アオイエ」とはどんなコンセプトのシェアハウスですか?

住人やその仲間は、趣味も所属も性格もバラバラですが、夢や希望を持っています。

アオイエが目指すのは、胸を張って好きなことを好きと言って、自信を持ってやりたいことをやれる場所。

夢を持つ人も悩みを持つ人も、誰もが気軽に遊びに来て、のびのびいられる、息苦しさとは無縁の場所。

周囲もどんどん巻き込んでいきたいです。

 

「アオイエ」を始めたきっかけは?

友人である青木大和と2年前くらいから、同世代で、切磋琢磨しあえるような場所を創りたいねと話していました。

今回、物件や住人などタイミングが合い、10人の仲間と共に、アオイエの実現に至りました。

 

「アオイエ」を今後どのように展開していくつもりか?

今後も、アオイエを拠点に、同世代を盛り上げる試みを仕掛けていきたいです。

また、アオイエは、夢を持つ皆さん、悩みを持つ皆さんをいつでもお待ちしております。

興味のある方は、ぜひ気軽に遊びに来てください。
アオイエ関連記事はこちら↓

下北沢シェアハウス「アオイエ」が素晴らしくカオス過ぎて住みたい

〜最後に〜

篠原くんの今後の展望を教えてください!

今年も新しい挑戦をしてゆきます。

まだまだ浅学非才な身ですが、昆虫食にかける想いと情熱だけは誰にも負けません。

さらに美味しく、魅力に溢れた虫料理を届けるべく精一杯頑張ります。

虫料理専門店や、昆虫食ツアーの事業化も考えています!

『食は作業ではない、冒険だ』

地球少年 篠原祐太

Twitter地球少年 / 篠原祐太 (@yshinoearth) | Twitter

Facebookhttps://www.facebook.com/y.shino.earth

【HP】http://yshinoearth.com/