HASIGOLOG

20周年を迎えるONE PIECEに学ぶ『組織力』とは?!

日本の財産であるアニメがあります。そのアニメで全世界でも有名な『ONE PIECE』

筆者は大の漫画好きです。中学生のことから現在まで毎週欠かさず週刊少年ジャンプを購読しているほどです!(笑)

週刊少年ジャンプでは、北斗の拳やナルト、ドラゴンボールなどの伝説的アニメを数多く輩出しております!その中から生まれた『ONE PIECE』という超王道漫画は今や全世界各地にファンがいる状態です。

なんとコミック累計発行部数3億4000万部!!というギネス記録をもっており、現在もその数字は伸びています!

『ONE PIECE』は週刊少年ジャンプ1997年7月より連載スタート。今年7月33号で連載20周年を迎えます!!!

就職活動において企業は学生に『組織力』がどれだけ強いかを説明したり、本屋のビジネス書コーナーでも『組織力』に関する本を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は週刊少年ジャンプ三大原則である「友情」「努力」「勝利」をすべて兼ね備えるONE PIECEから学ぶ組織力についてご紹介します。

※ONE PIECEついて

時は大航海時代。この世の全ての手に入れた海賊王・ゴールド・ロジャーが処刑される寸前に言い残した「ひとつなぎの大秘法(ワンピース)」をめぐり、屈強な者たちがその宝を求め海賊が世界中を航海する時代です。

そこに主人のモンキー・D・ルフィ(以下ルフィ)もまたワンピースを求め海賊に。ワンピースは海賊王のみが手に入れることが出来る大秘法とされており、ルフィーは『海賊王』 になることを夢に大航海する大冒険ロマン漫画です!

航海中にいくつもの素敵な出会いにより、仲間ができていき『麦わら海賊団』としてワンピースを求めていきます。その仲間と共に幾つもの困難を乗り越え、週刊少年ジャンプ三大原則の「友情」「努力」「勝利」が詰まっています。

ルフィー率いる“麦わら海賊団”の驚異的な『組織力』

images-2

麦わら海賊団は船長であるルフィ、剣士のゾロ、コックのサンジ、狙撃手のウソップ、航海士のナミ、船医のチョッパー、考古学者のロビン、船大工のフランキー、音楽家のブルックの9名で構成されてます。

この9名で時には何千人の敵を倒したり、空の上にある島に行ったり、反対に海の中にある島に行ったりととにかくハチャメチャな航海を乗り越えている凄く強い海賊団です。

それぞれ個人の能力が高いのはもちろんですが、なぜこのような困難な環境や問題を乗り越えることができたかというと麦わら海賊団の素晴らしい『組織力』によるものが大きいと考えます。

圧倒的なリーダーの存在

imgres

この組織のリーダーはもちろん主人公ルフィです。現実社会では海賊団=会社・企業でリーダー=社長といったところでしょうか。

どの様な組織においてもまずリーダーにより、組織の色(特徴)・風土が決まります。

麦わら海賊団において、ルフィは全員が認める船長であり圧倒的なリーダーです。なにかと危機に直面するとメンバー全員が「ルフィが最後は解決してくれる」と思っています。

普段ルフィは寛大な心をもち、ずっと笑顔です。メンバーが危機に陥ると必ず助けに行き、有言実行することが頼れるリーダーです。

しかし、現在のアメリカ大統領ドナルド・トランプのような独裁的な一面ももっており、ルフィが決めたことは絶対であるというルールがあります。

このように頼れる存在であり、組織のことを大事に思い、さらには力強く組織を引率する力もある圧倒的なリーダーです。

それによって、組織全体を統括し一致団結した組織が出来上がっています。

組織としての目標が統一・浸透している

images-4

麦わらの海賊団は組織全員で「ONE PIECEをみつける」「ルフィを海賊王にすること」という目標を統一して持ち、浸透しています。

また組織だけでなく、メンバー各々でも世界一の剣士になることやすべての海の食材が集まるオールブルーを見つけることなど個人の明確な目標をもっており、その目標をリーダーであるルフィの夢の延長線上にあると信じてます。

組織においての目標は組織のトップが見ているビジョンの高さにより決まります。メンバーの思いと合っていれば、そのビジョンが高ければ高いほど士気は上がり、強い組織と成長していきます。

就職活動においても入る会社のトップがどれぐらいの思いがあり、何を成したいのかを聞き、自分に合っているのかを考えることは重要と言えるのかもしれません。

また、マネジメントを発明し現代経営学を作ったとされる経営学者のピーター・ドラッカーは「リーダーシップとは、人のビジョンを高め、成果の水準を高め、人格を高めることである」と名言を残しています。

適材適所。強みを活かし、弱みは組織が補う!

67672968c8225f0341a998aa5c282053-579x386

今までリーダーであるルフィにより組織力が高いように記して来ましたが、実はそれだけではありません。むしろ、逆です。ルフィには足りないところがありすぎるんです。

例えば、危険だと言われている島に自ら望んで入ったり(しかもとびっきりの笑顔で)、海軍本部(現実世界で言う警察)の陣地で大暴れしたり、終いには世界政府(現実世界で言う国連?)に喧嘩を売ったりと本当に怖いもの知らず。

その度に他の仲間達は死にそうになる経験をしています。(笑)

そんな破天荒なルフィ率いる麦わら海賊団が今なお生き残れてる要因として、メンバーの適材適所があります。

破天荒さを補えるほど考えて動く航海士やどんな屈強も乗り越える右腕剣士、最高の料理で仲間を癒すコックなどそれぞれの強みを活かし、仲間の足りない所を補い一致団結した組織となっています。

就職活動時も自分の強みを活かせる環境を選んだほうが発揮できるパフォーマンスが変わってきます。自分自身が何ができ、どのよううな強みを持つのか一度見つめ直すことは大事だと思います。

最後に

今回は漫画ONE PIECEを取り上げ『組織力』について記してきました。

麦わら海賊団という組織を細かく見ていきどのような強みを持ち、組織全体がどのように動けば組織が強くなっていくのかを考察してきました。

これは就職活動時の業界研究や企業分析に似ています。

自分が行きたい企業がどのようなリーダー(社長)がいて、会社の雰囲気(風土)はどうか、入りたい会社の仲間達はどうかをみた上で、自分自身がその環境にあってるかどうかを是非考えてみていただきたいです。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page