HASIGOLOG

高校球児、さらなる舞台求め大手広告代理店へ! ─平野晃土さん

名前:平野晃土(ひらの あきと)

法政大学法学部法律学科4年。
智弁和歌山高校 野球部出身。
高校時代4度甲子園に出場し2度のベスト8進出。
プロを目指し法政大学野球部に進学するも、練習中に右目の視力を失う事故を経験し引退。
その後、新しい人生の再スタートを決意。人の人生を変えるような仕事がしたいと、広告の世界へ。

『片目でも野球をやってやる』

─ どんな学生生活でしたか?

“恋の楽しみ”

“諦めることの大切さ”

学んだ学生生活でした。
13年間続けてきた野球では、高校時代仲間に恵まれたおかげで良い思いばかりできました。
4度、甲子園に出場し2度のベスト8、正捕手、副キャプテンとして挑んだ3年夏はベスト16。

最高の高校生活でした。
大学入学後、野球で生きていこうと決心しました。 しかし、2年の夏の練習中に右目の視力をほとんど失う事故にあいました。

平野あきと2-500x500

『もう野球はできない』

『片目でやってやる』

この二つの気持ちが激しく揺れる中、私の決断は『野球を諦める』こと。
諦めて、野球なしの未来をつくってやると決意しました。野球への恋心を断ち切り、新しいステージへ向かう力をつけた、学生生活でした。

─ どのように会社を選びましたか?

すべてにおいてバランス良く。
これがスケジュールを決めるときに考えていたことです。
家族との時間、友達との遊び、トレーニング、自分のリラックスタイム、就活に集中する期間。
自分の肉体と精神をベストな状態にキープするために、上記のバランスを考えてスケジュールをたてました。
就活は長丁場です。『希望する会社に入れないかもしれない。』
この不安と戦い続ける期間になります。
逃げ出したくなる人、体調を崩す人もいるかもしれません。

しかし、それではダメです。この不安に打ち克ち、不安をパワーに変えた人間が内定を手にします。
内定を手にするためにも、体と心のバランスを考えたタイムマネジメントを心がけたことが、私の勝因の一つです。

─ 会社選びの軸はなんでしたか?

・ 忙しいこと

・ トップであること

・ 人で勝負すること

これが会社選びの軸でした。

『忙しいこと』

20代の毎日を、定時に帰ることで成長できるのかを考えたとき、私には無理だと思いました。
他者よりも成長の遅い私にとって、忙しく働くことは成長のために必須であり、若いうちにある体力を存分に使いたいと思っています。

『トップであること』

私自身、野球でトップチームに所属してきました。
トップチームの多くの人間は、自分なりの人生哲学を持ちます。
レベルの高い環境に身を置き、そこで自分を高めていきたいと思いました。

『人で勝負すること』

物をつくって売ることよりも、物を持たずにアイデアで勝負することのほうが難しいのではないか。
ならば難しいことにチャレンジしよう。この短絡的な答えが、最後の軸になっています。

─ 将来の夢はなんですか?

私が会った人や、関わった広告やコンテンツを見た人に『トリハダ』を立たせて、その人の明日を変えるインパクトを与えることです。
私の中のそれは、『HONDA 負けるもんか』というテレビCMでした。あのときのトリハダを、いまも忘れません。

たいてい夢は叶わない。 そんなこと、現実の世の中にはよくあることだ。 けれど、それがどうした。 スタートはそこからだ。

このコピーを胸に、野球を諦めた後、英語が全く喋れない状態でアメリカ留学に行きました。これがあったから、人生が変わった。そんなインパクトを1人に起こしたい。それが私のおこがましい夢です。

__ ─ 就活生へのアドバイスをお願いします。__

IMG 3921-375x500

まず1つ。

私は『健全な肉体にこそ、健全な精神は宿る』と思っています。
健全な体をつくるために意識したことは、なにを、いつ、食べるかです。
あなたの食べるものが、あなたの肉体と精神をつくると思ってください。

それぐらいに徹底した体調管理が必要です。
就活に限らず、仕事をしてお金をもらう以上、体調管理などできて当たり前です。

プロですから。
それすらできない者に、内定などおぼつかないでしょう。
基本中の基本ですが、最も大切なことです。
就活が始まるから準備するべきです。

2つめですが、他の就活生と群れないでください。

『あの人がここの説明会に行くから行こう』

『彼女と合同説明会にいこう』

などとは考えないでください。

『誰も助けてくれない。自分1人でなんとかするしかない。』

こう思って行動するからこそ、あなたのフォロワーがあなたを応援してくれます。
まず自分一人で立つ意志のないものに、人はついていかない、と私は考えています。
自分の人生を占う、最初のステップです。

まずは自分で考えて行動してください。
それでも分からなければ、私に会いに来てください。
待っています。

最後になりますが、私の就活は楽しかったです。
様々な人に出会い、裏切りにもあい、また恩師にも出会いました。
『楽しんだ者が勝つ』とは思いませんが、楽しいほうがいいに決まっています。

なぜ楽しかったかと言えば、『良きことも悪きことも我が親友なり』と私が考えていたからです。 これは私の座右の銘でもあります。

良いことも悪いこともある。

それが全部自分の成長になる。言うは易く思うは難しかもしれません。
でも思い込んでください。

もし面接に落ちても、大丈夫。

ここからがスタート』です。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page