HASIGOLOG

「ゲーム事業はゲーム好きしか活躍できない!」は勘違い!?コミュニケーションプランナー毛利氏にきく!

「サイバーエージェント」「ゲーム事業」と聞くとどんなイメージを抱くだろうか?

「サイバーエージェント?キラキラ系!」 「ゲーム事業?オタク系!」

しかし実際は違う。特に就活生にはそう思わないで欲しい。

そんな想いから始まった、サイバーエージェントゲーム事業に携わる子会社の横断組織SGE(Smartphone Games & Entertainment)とハシゴのコラボ連載記事企画。

脱イメージ!
ゲーム事業はビジネス系!?

その第一弾が当記事!(株)アプリボットの新卒入社3年目コミュニケーションプランナー毛利氏に、ゲーム事業でのお仕事についてお伺いした。

人物紹介

毛利 泰斗
株式会社アプリボット ニジゲンスタジオ責任者
法政大学卒業後、2014年にサイバーエージェントへ入社。
内定者アルバイト時代から『グリモア~私立グリモワール魔法学園~』の立ち上げに携わり、リリースまでを経験。現在ではニジゲンスタジオ事業部の責任者として、プロモーションや新規サービスの立ち上げを担う。

「ジョーカー」に「グリモア」!有名タイトルを輩出するアプリボット!

ーーアプリボットについて教えてください!

「世界を震撼させるようなサービスをつくる」をビジョンとし、ゲーム内でオリジナルマンガも楽しめる「ジョーカー~ギャングロード~」や50名以上の声優さんの声も楽しめる学園ライフアドベンチャーゲーム「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」(以下、グリモア)を運営しています。

グリモア~私立グリモワール魔法学園~

2088659fd7b2639ce8a5f84ef80ab46c-500x263

ジョーカー~ギャングロード~

4fc840abad720a339088ded7e64c45da-500x265

ーーおお!App Storeのランキングで登場する人気ゲームですね!

ありがとうございます。知ってくださり嬉しいです!

ビジネスマンとして成長したい!それならゲーム事業!

2-1-500x375

ーーゲーム事業の人はゲームオタクというイメージがあるのですが、毛利さんもゲーム事業に惹かれてサイバーエージェントに入社したんですか?

ゲーム事業に携わるという軸で就職活動はしていませんでした。
元々、人を感動させるものづくりをしたい、その中でもアニメを作りたいと思っていました。

アニメは全て虚像で作られているのに、様々な人を感動させられるって凄いことだと思ったんです。

ただ、自分は絵を描けたり、アニメーションができたりと、クリエイティブなことは一切できなかった。

いざ現場に入った時に自分の役割は何だろうと悩んだ結果、「アニメ業界」の方々を豊かにするビジネススキルがあれば、業界に貢献できる人材になれるのではと考えました。

そこでビジネスを知れる、自由な風土で若いうちから大きな挑戦の機会をくれるIT業界に行こうと決めました。

そして就職活動をしていく中で、当時、内定者が社長に抜擢されていたり、アプリの事業責任者が入社2~3年目の若い社員が担当しているという実績が多かったサイバーエージェントに入社しようと決めました。

ーーゲーム事業には興味がない中で、なぜ数ある事業部や子会社の中からアプリボットを選んだんですか?

就職活動をしていた2013年当時は、ネイティブアプリの過渡期で、市場が大きく盛り上がっている時期でした。

ビジネススキルをつけるなら、始まったばかりの市場で、かつ大きな市場に飛び込むのが一番成長できると思い、早くからネイティブゲーム開発・運用に力をいれていたアプリボットに入社を決めました。

ーーゲームをつくりたいというよりは、ビジネススキルをつけたいという視点で決めたんですね!意外です。毛利さんみたいな理由でゲーム事業を選ぶ方は多いのですか?

3-1-500x375

ビジネススキルというか、事業責任者をやりたいという理由で、ゲーム事業部を選ぶ人も多いですね。
その中でも、プロデューサーを目指す人が多いです。

ゲーム事業のプロデューサーは人事権から予算管理、自分のサービスに関わる全ての決定権を担うので、経営者としての判断・実行スキルがつく職種だと思います。

ただ、事業責任者を目指すという人だけでなく、もちろんゲームが創りたいという人もいますし、ゲームにこだわらずものづくりがしたい、エンジニアだったらスキルアップをしたいなどさまざまな理由でゲーム事業を選ぶ人が多いです。

ーーいろんな人がいるんですね!ゲーム事業部はゲームオタクの方しかいないと思っていました。

そんなことはないですね。私もゲームは好きですが、根っからゲーマーというわけではないので。

全くゲーム感がない!?企画広報実行するコミュニケーションプランナー!

4-1-500x375

ーー今は、どんなお仕事をされているんですか?

今は、新規事業の立ち上げをやりながら「グリモア」のコミュニケーションプランナーをしています。

ーーコミュニケーションプランナーとはどんな職種ですか?

ゲームとユーザーの方とのゲーム以外のコミュニケーションポイントを設計し、その演出を考える人です。

簡単にいうと、ゲームのファンを増やす役割ですね。
実は今年から新設された新しい職種です。

ーー新しいんですね(驚)!具体的にはどのようなことを?

例えば、定期的にニコニコ生放送の企画・出演をしたり、人気アニメタイトルとのコラボ企画や、リリース1周年の節目にリアルイベントを設計したりと、幅広いプロモーション企画を担います。

ゲームごとに、ユーザーの方が求めているものは違うので、それぞれ担当のコミュニケーションプランナーが設計から実施まで責任を負っています。

実際に生放送に出演したり、自分自身が直接ユーザーの方とのコミュニケーションハブとなる場合もありますね。

ーーおもしろそうですね!その中でも最近一番印象的だった仕事はありますか?

5月中旬に秋葉原で行った「リアルもしもし体験会」イベントです。
秋葉原駅構内にピンクの電話ボックスを設置しました。

7177a82b3408d1df6d063591984084e6-500x334

ーーインパクトすごいですね!このイベントはどうしてやろうと思ったんですか?

グリモアでTVCM放送実施が決まっていて、CM放送期間中の盛り上げ施策として、新規ユーザーの方向けにリアルでプロモーションが行えないか考えていました。

幸運なことに、同時期にゲーム内でリリースされユーザーの皆様から好評いただいていたキャラクターから、実際に電話がかかってくる「More@電話」機能の存在がありました。

ーーそこからどのように企画を完成させていったのですか?

5-500x375

近年、携帯電話の普及であまり見かけなくなった電話ボックスを、体験の箱としてあえて使うことで話題性を作れるのではと考えました。

設置する場所にもかなりこだわりました。当初はイベントスペースでの実施も検討していたのですが、人通りが多くかつ電話ボックスという存在が違和感を出せるところ、さらに体験者の方々が恥ずかしいと感じにくい場所に設置したいと思い、秋葉原の駅構内を選びました。

結果的に、イベントは1500名の方に参加いただき、駅構内では常時長蛇の列ができました。

ーー1500名!すごいですね!それは、企画のみ毛利さんが担当したんですか?

企画から当日の運営まで行いました。
コミュニケーションプランナーは企画から実行して成功させるまでに責任を持つので、全て一気通貫でやります。

ーーそうなんですね。コミュニケーションプランナーは宣伝や広告といったプロモーションに興味がある方にも向いてそうですね!

そうですね。今のプロモーションのトレンドも知らないといけないですし、企画をゼロから立ち上げて、綿密に計画して、実施まで行い、反省点を振り返り、次回に向けて改善する。

それをかなり短いスパンで回せるので、かなり鍛えられると思います(笑)。
外部の方とのコミュニケーションも頻繁にあるので、幅広いビジネススキルも得られますね。

このエッジが効いた電話機能をうまく活用できれば、ゲームと連動した良いプロモーションができるのではと考えました。

ーービジネススキルもかなりつきそうですね。ゲームだからと選択肢から外すのはもったいないですね。

6-500x375

そうですね。「ゲームだから…」と躊躇していている方がもしいるならもったいないと思います。

「良いものを届けたい」という思いがあれば、誰でも楽しめるし活躍できるそして成長できると思います。

ゲーム事業に、ゲーム好きは絶対条件ではないですから。
「このゲームのCM面白いね」くらいの興味でもよいと思います。

ーーゲーム事業についてよくわかりました!最後に今後の夢を教えてください。

周りには、2年目でチームマネージメントをしている同期のエンジニアや内定者時代にプロジェクトを任された後輩など本当に年次関係なく活躍している人が多いです。

私も「グリモア」のコミュニケーションプランナーとして、ユーザーの方とシンクロし、業界が震撼するような大きなプロモーションをどんどん仕掛けていきたいです!

新規事業も今着々と準備しているので、リリースを楽しみにしていてください。

--本日はありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!

その他おすすめインタビュー記事

ボディペイントで超話題!武蔵野美術大学卒”スーパーフラッシュ”チョーヒカルとは?

20160202021805-500x331

2015年アプリ甲子園で優勝した小学6年生の”想い”ー中馬 慎之祐ー

DSC 0230 Fotor-500x331

ナチュラルにPDCA・仮説検証ができる賢さ!就活アイドルキチョハナカンシャゆり!

20160607110129-500x375

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page