未来を作る学生インターン主導チーム。

ブルーライトは実は味方???

みなさんこんにちは!!

パソコンやスマホは生活する上で必須という時代になりました。

そこで問題になるのが、ブルーライト。

よくブルーライトは目によくないと聞くけれど、何がどのようによくないのかわからないのが実際のところです。

そこで今回はブルーライトの実態についてご紹介したいと思います。

実はブルーライトは目にいい??

 

そうなんです。

パソコンやスマホが普及する前まではブルーライトは体にいいものとされてきました。

朝、青空を見るといいと言われているのは、このブルーライトが目に入ることで、脳が活性化するためです。だから昼間は積極的に浴びた方がいいのです。ブルーライトのおかげで私たちは昼間しっかり目覚めて元気に動け、夜は自然のブルーライトを少しずつ減らしていくことで睡眠へ誘われるんです!!

そのため、ブルーライトを効率的に使えば実は目にいいものなんですね!!

昼間は太陽からしっかり浴びて、夜はなるべく遠ざける――。ブルーライトをうまく活用することが心身ともに健康的な毎日へとつながりそうです。

ブルーライト自体が悪者ではないことはわかっていただけたと思います。

しかし、浴びすぎは危険です!

浴びすぎると、視力低下や不眠を引き起こします。

このグラフからわかるようにスマホは圧倒的にブルーライトが多くふくまれています。

そのため、スマホ依存症の人は注意が必要ですね!!

注意点

・夕方から夜眠る前は、パソコンやスマホなどの画面から出るブルーライトを専用メガネやフィルムでカットする。

日中はしっかりと太陽光を浴びる。

 

・ディスプレイ画面の明るさを下げる。

・ブルーライトカットメガネをかける。

・長時間の使用を避ける。

この5つの注意点を意識してブルーライトと向き合っていきましょう!!!!