HASIGOLOG

絶対に忘年会で言いたくなる!逆転の発想のビジネス例3選!

みなさんこんにちは!

忘年会の季節になってきましたね〜。

年末なので普段会えないような人にも地元で会えたりする時期だと思います!

でもみなさん!

せっかく久しぶりの友達に会うなら、何か面白い話の1つや2つくらい持っておきたいと思いませんか?

今回は、ついつい人に話したくなるような実際にビジネスの場であった逆転の発想例を3つ紹介したいと思います!

ぜひ忘年会の場でドヤ顔で話してみてください!笑

また、すぐに結果を見ないで「自分ならどうするか」「何でこうなっているのか」を考えながら読んでみるのも面白いと思います!

「エレベーターが来ない」という不満

8fd663ab32ef88205236b66a53988273 s-500x375

ある8階建てのビルがありました。

そのビルは1階から8階までエレベーターで移動するんですが、多くの社員から「通勤時にエレベーターが来るのが遅くてイライラする」という苦情が入っていました。

もしもあなたがビルの経営者だった場合、この問題に対してどう対処するでしょうか。もちろん正解は無数にあります。

……。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f s-500x334

需要と供給という二つの側面から考えて、

・エレベーターを増やす

・1階〜4階用のエレベーター、1階と5〜8階までのエレベーターに分ける

・1〜3階の人には階段を使ってもらう。

という発想が多いと思います。

しかし、実際にこの社長が行った施策は

「1階のエレベーターの前に鏡を設置する」ことです。

ん??どゆこと??

と思った方もいるかもしれません。

つまり、そもそも需要や供給の面での解決策ではなく、社員がエレベーターの待ち時間にイライラしているのなら、その待ち時間に鏡を見て化粧を直したり、ネクタイを直したり、身だしなみを整える時間にしてもらえば苦情は減るのではないかという仮説を立てたんですね。

実際にこの施策によってこのビルでは社員からの不満はほとんど無くなったんです。

どうでしょう、忘年会で話したくなりましたか??笑

空港での荷物の受け取り

afe94a729322aceeed10e68be7e0a3eb s-500x334

続いての例です。

タイトルにもある通り空港のお話です。

みなさんが飛行機から降りた後に荷物を受け取る際、その場所に到着するまでに飛行機から降りてから非常に長い距離を歩きませんか?

「何でこんなに歩かせるんだ」と思う方も多いと思います。

でもこれにもちゃんとした理由があるんです。ちょっと考えてみましょう。

……。

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2 s-500x348

ある空港では、飛行機から降りたお客さんが、「荷物が全然出てこない」と待ち時間に対して苦情を言うケースが多かったんです。先ほどのエレベーターの話と似ていますね。

そこで空港がとった施策が、荷物を受けとる場所まで長い距離を歩いてもらうことで、途中でトイレに行ったり売店に寄ったりしてもらいながら時間を使ってもらい出来るだけ待ち時間を減らすこと、だったんです。

実際にこの施策も見事にあたり、苦情はかなり減ったんだとか。

まさにユーザー体験を重視しての発想ですね。

さあ、忘年会で言えるようにメモしておきましょう!

汚い旅館

fbde16ec23e5e7ae9c871597dd721707 s-500x323

最後はある旅館のお話です。 かなり古くて、お世辞にも綺麗とは言えない旅館があったそうなんです。

あまりに汚れていて宿泊客からはクレームもよく入っていたそう。

ゆったりとした空間を提供する旅館としては致命的とも言えるかもしれません。

旅館としても綺麗に改装したいという気持ちはやまやまですが、借金で改装もできない状況でした。

その結果、どんどんお客さんが減っていき、いよいよ旅館をたたまなければいけないという状態に追い込まれました。

そんな時に経営者はあるサービスを開始することでリピーターを増やし経営も徐々に安定するようになったということです。

最後の問題なのでよく考えてみてください。

……。

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068 s-500x334

そのサービスとは・・・

「ペットと一緒に泊まれる宿」です。

最近ではペットと一緒に旅行したいという方の需要も増えているみたいなんです。 そのような流行をうまく利用したサービスです。

ん??いやちょっと待って。でも何でペットと一緒に旅行したい人がこの旅館を選ぶんだ(((( ;゚д゚))))??

それは部屋が汚いからです。(笑)

綺麗な部屋だとペットが壁や障子を引っかいたりして傷つけてしまうということで、非常に気をつかうみたいなんです。

それに対してこの旅館は、ふすまなどが破れてもそのままにしておくみたいです。

直すお金の節約だけでなくて、あえて汚いままにしておくことで、宿泊客もペットが多少やんちゃ行為をしても気を遣わなくて良いというわけですね。

そんなわけで、かなりリピーターもいるようです。

これも逆転の発想で、汚い部屋だからこそペットをつれてくるお客さんにうけたわけです。

普通なら需要のないものも、別の視点を導入することでニーズに応えてしまうサービスになるという事例です。

ビジネスって奥が深いなぁと改めて実感させられますね。

最後に いかがでしたか。「早速あしたの忘年会で使おう!」「クイズみたいで楽しかった!」

と思ってもらえていたら幸いです(^^)!!

今回紹介した事例以外にも、自分で見つけてネタを増やしてみてはいかがでしょうか。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page