HASIGOLOG

【早期内定のコツとは?】就職活動期間1年2ヶ月!?きっかけは「危機感」〜株式会社Speee・増田隆洋〜

早期内定

一般的な就職活動のフローとは違い、早い段階で内定を獲得すること。

経団連が規定している就職活動スケジュールでは、3月に情報解禁→6月に選考開始となる。

つまり、早期内定を獲得していく人は3月より早い時期に内定を獲得している。

今回、17卒で早期内定を獲得した先輩方に、早期内定を獲得するコツとは?就職活動をよりよくするためには?と、これから就職活動を控える後輩に向けてロールモデルとなるようなお話を聞かせていただいた。

第一弾として、2年生から就活を開始し、3年生には就活を終えている九州大学の増田隆洋さんに取材させていただいた!

登場者紹介

増田 隆洋(ますだ たかひろ) 九州大学文学部社会学研究室。 内定先:株式会社Speee。2年生10月から就職活動を開始し、3年生12月に内定。約1年2ヶ月を就職活動に費やした。 内定後は、自身の経験を活かし同級生や後輩のキャリア支援活動を行っている。 現在はプラットフォーム事業と並行し、Goodfind九州にてインターンを行っている。

内定企業紹介

speee

株式会社Speee。現在10期目、社員数約270名のミドルフェーズにあるベンチャー企業。 Webマーケティング、不動産、海外メディアや医療など幅広い領域において、業界の不をテクノロジーによって解決することで組織を拡大。

きっかけは「危機感」だった

−−− 本日はよろしくお願いします!

はい、よろしくお願いします!

−−− 早速ですが、内定先と内定を承諾された時期を教えてください。

内定先は株式会社SpeeeというITのミドルベンチャーです。内定を承諾した時期は3年生の12月中旬でした。

−−− 3年生の12月!?凄く早いですね!

そうですね。周りの就活仲間と比べても早くに内定を出していただきました。

P1310140-500x281

−−− 早期内定の方はやはりスタート時期も早いのでしょうか?

僕は大学2年生の10月からスタートしました。(笑)

早期で動き出す人でもだいたい大学3年生の夏ごろからなので、僕自身でも相当早く動いていたなぁと思います。

結果的に就職活動期間が1年2ヶ月になっちゃいましたけど(笑)

−−− スタートも相当早い時期から動き出してたんですね。それにしても早すぎると思いますが、きっかけは何だったのでしょうか?

2年生の時に出たビジコンでの経験がきっかけだと思います。
当時、初めは人数合わせと美味しいご飯がタダで食べられるから出場したんですが、一緒に出場してた人たちが京大生や電通・博報堂の内定を持っている人がいました。
凄く優秀で圧倒されましたね。

当時の僕は、失礼な話なんですが博報堂をお菓子の会社だと思ってるくらい無知でした(笑)

その時に、社会にでたらこういった人たちと働くようになるのかと凄く危機感を覚えました。
そもそも無知すぎて、就活をいつ始めるのか、どうすればいいのかをわからず、とりあえず動こうと思い行動に移しました。

−−− なるほど。きっかけは危機感によるものだったということですね。具体的にどのように行動されたのか教えてください。

まずはなにもわからないので、就活イベントにいけば学べるだろうと思い、イベントに参加しまくりましたね。周りは大学3年生しかいない状態で、2年生は僕だけでした。(笑)

最初のイベントでは、Goodfindのキャリアサミットに参加しました。

たくさんの企業の方の話を聞いてなにもかも初めて聞くことばかりでしたね。
先輩方からも可愛がってもらい、非常に良い環境でした。

自分で事業を動かしたい

4d414c9b69f9c76b2c043eeec54c0dcb-1

−−− その後の内定承諾までのスケジュールはどのようにすすめられたのでしょうか?

大学3年生の4月まではイベントに参加したり、知識を増やすために本を読んでました。

それから5〜9月はサマーインターンに13社参加することができ、やりたいことが明確になりました。

そして10月になり、元々申し込んでいたSpeeeの新規事業立案型インターンに参加した時に非常に魅力的に感じて、12月に同社の組織理解を深めるインターンに参加し、その後選考が行われ内定をいただきました。

−−− 13社とは多いですね。

夏休みのほとんどはサマーインターンに費やしましたね(笑)2日連続の休みはなかったと思います。

−−− そしてサマーインターン後に自分のやりたいことを見つけられたんですか?

はい。もともと僕は起業しようと考えていました。

というのも、大学でアントレプレナーに関する授業を受けていて、「これ自分でできるんじゃないか」と思っちゃいました(笑)
そこで起業にあたり必要なことを考えた時に、様々な領域の知識が必要で、その知識が得られるのがコンサルティン業界だと思い、まずはコンサルティング系に就職しようと決めました。

−−− しかし、結果は違う業界では?

そうなんです。
外資系大手コンサルティングファームのサマーインターンに参加し内定もいただきましたが、実際に社員の方と話してみたり、経験していく中でこの業界ではないと判断しました。

緻密に計画・戦略を立てるところは好きでしたが、実際にその戦略を実行することができないもどかしさを感じました。そこで僕は自分で事業を動かせる仕事がしたいと思い、コンサルティングは違うのかなと判断しました。

緻密に計画・戦略を立てることができること、さらに自分自身で事業を動かせることができる会社を探し始めました。

−−− なるほど。そこで今の内定先の企業と出会うわけですね!

それが実は偶然という感じですね。
探してはみたものの、イメージしている企業が見つからずにいました。

先に参加できるようになっていたSpeeeのインターンは、とりあえずいってみようという気持ちで行きました。
しかし行ってみると僕は衝撃を受け、自分がイメージしている通りの企業だと非常に魅力的に感じました。

−−− ではその頃から決めていたのでしょうか?

いえ、まだその段階では決めてはいませんでした。
緻密な戦略を立て事業が動かせるとしても、組織が強くないと意味がないと感じていて、10月のインターンでは新規事業立案型でしたのでそこまで知ることはできませんでした。

12月の組織理解を深めるインターンに参加した際に、「こんなに組織づくりにも考えが行き届いているのか!」と再度衝撃を受け、ここだと決めました。

−−− 緻密な戦略を立てることができる。自分で事業を動かせる。更にしっかりとした組織づくりができていること。以上が株式会社Speeeを選択した背景ですね!

はい!そうですね!

生産性高く動き続け考え抜いた1年2ヶ月

P1310120-500x281

−−− 自身の就職活動を振り返るにあたり、よかったと思うことがなにかありますか?

大きく3つあります。
まずは沢山の人に出会ったこと。
次に生産性高く動き続けたこと。
最後に考え抜いて決断したことですね。

−−− 沢山の人に出会われたこととは?

僕自身、最初の頃は圧倒的危機感によるモチベーションで動いていました。
しかし、就職活動を通して様々な人に出会うことで、自分自身の社会においての位置みたいなものをその都度再認識し続けることで、モチベーションは維持していたんだと思います。

−−− なるほどですね!次に生産性動き続けたこととは?

密度の問題で、早く動き出したとしてもその分だらだらしていたらあまり意味がなくて、生産的に動き続けることが大事だと学びました。

ここで言う生産的とは、かける時間に対してその分持ってかえるものを多くするっていう感じですね。

−−− 最後の「考え抜いて決断したこと」とはどういうことをでしょうか?

最終的な意思決定の際(内定を承諾する時)に、しっかりと考え決断したことです。

早期に内定をもらう方で起こる現象は、内定後に沢山の方々と出会いの中で、心が揺れ動いてしまうことがあります。その結果早くに内定していても内定を辞退する人もいます。

しかし、その点早期に決めましたがちゃんと自分がこういう考えだからこの会社にいくんだという自分自身が納得できるまで考え抜いた上で決めきれたことはよかったなと思います。

将来の選択肢が格段に増える

P1310137-500x281

−−− 早期から就職活動をスタートさせる事でなにかメリットはありましたか?

沢山ありますけど、一番は早期に動き出すことで情報がその分多く入ったりスキル的にも早い段階で伸びていくので、自分自身の将来の選択肢を増やし作っていけることです。

早い段階から自分の選択肢ってこういうのもあるんだとしっておくことが重要だと思っています。

例えば、小さい時男の子であれば将来の夢はサッカー選手、女の子であればお花屋さんとかを言うと思うんですけど、それらは自分が知っている仕事だから選べるのであって、当たり前ですが知らない仕事は選ぶことすらできません。

であれば大学4年間の内、早い段階から様々な働き方・業種を知っておくことで、自分の将来の選択肢を増やしておくことが重要で自分自身が早期から動く事で沢山の選択肢を得られたので、そこが一番のメリットだと思います。

−−− 反対にデメリットはないように感じましたが、何かありましたか?

・・・やっぱり浮いちゃいましたよね(笑)同世代の友達と稀に浮くことがありましたね(笑)

いわゆる意識高い系に思われちゃう。

デメリットかはわかりませんが、関わる人達が変わります。

僕であれば、大学1年生の頃はバイトやサークルの友人と大体一緒にいましたが、就職活動をはじめて行くことで、その人達とはあまり会わなくなっていき、早期に動き題している就活仲間と結構いるようになりました。

その中で1年生からの友人からは「なにしてんの?意識高い系?」と思われるようになりましたね。

しかし、今でも友人たちとは仲がいいですし程よく人付き合いをしていくことをお勧めします!

−−− そうだったんですね(笑)では後悔していることはありますか?

特にありませんね!充実したものだったと思います!

ただあえて挙げるとすると、一年生のときから長期インターンに参加しとけばよかったなぁと思いますね。

アルバイトも確かにいいと思うんですよ。アルバイトではやる領域が限られていて、自分ができる領域が大きくないんですよ。

であれば、自分自身がフルコミットできて、給料ももらえる長期インターン。生産性高い動きができるので、1年生から知らなかったことは後悔してますね!

イエスマンになってほしい

P1310143-500x281

−−− これから就職活動を控える方々に向けてメッセージをお願いします!

18卒は、効率化とエージェントの利用を考えたほうがいいですね。
例えば、合同説明会に参加するとしたら、同時に沢山の企業と出会え量は確保することができる。

しかし、質も確保できるかというとそうではないと感じます。

ですので、質に関しては自分で確保して行く必要があります。
ホームページなどで、来る企業を調べ気になる企業見つけておく。
その企業について自分なりに調べて、本当に気なることを聞けるように準備していく。

自分であらかじめ調べることで深い質問ができ、深い話を聞ける。
このように自分自身で質を確保する動きが重要になると思います。

もう一つエージェント(人材会社)などの利用は大事ですね。

本当に時間との戦いになります。
ですので、エージェントなどを利用することで、自分が得られなかった情報を効率よく収集することができるようになります。

最後に、一旦イエスマンになってみることですね。

最初のころは、自分自身になんの情報も経験もないので、なにも判断できないはずです。

まずは行動してみる。
そこで出会った人に誘われるイベントには必ず行くことです。
まずは自分自身の中に情報や経験を得て上でしっかりと判断していくことができるようになっていく。

ですので、一旦はイエスマンになって行動していくことが重要ですね!

もし先輩に誘われたら行ってみると良いですね!僕が2年生のときに3年生のイベントにも参加したので、実感値ベースおすすめします!

−−− 本日はありがとうございました!!

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page