HASIGOLOG

【ゆとり世代へ】マニュアル人間は今日で終わりにしよう

こんにちは、インターン生の寺尾です。

いきなりですが、皆さん想像してください。

Q.あなたが最新の電子レンジを買ったとします。どうしますか?

A:説明書を読みながら使う

B:説明書を見ずに手探りで使っていく

どうでしょうか?

おそらく[ A:説明書(マニュアル)を読みながら使う] を選んだ方が多いのではないかと思います。

なぜなら、大事な料理を失敗させたり、ましては買ったばかりのものを壊したくないですから。

何が言いたいかというと【人は失敗しないために、マニュアルがある場合にはマニュアルを頼る】ということです。

この考えは、ごく自然であり当たり前のように思います。

しかし、このような考えの延長線上に存在しうる人間「マニュアル人間」は否定的な意見を持たれることが多いようです。

そこでウィキペディアでは

869bbf316c24613614a35c4a90ceb6fd-1024x143

と書かれており、私なりに簡単に言い換えるとすれば【決められたことのみしかできない人間】と言えるのではないでしょうか?

さらにはマニュアル人間の特徴に以下のようなことがあげられます。
・自分で考えて行動しない
・指示したことはやってくれるが、細かく指示しないと、自律的に動こうとは全くしない(指示待ち人間)
・自分で考える力がない、言われたことを言われた通りにしかできない、マニュアルがないと何もできない(マニュアル人間)
・言われたことはやれても応用がまったく利かない、言われた仕事しかしない
・自分で考える力や積極性、臨機応変性、柔軟性、チャレンジ精神、忍耐力、行動力、実行力、問題発見力、課題解決力などがどうも足りないように感じる

出典:https://blog.next-strategy.com/article/169891525.html

さらに、このマニュアル人間は『ゆとり世代』や『最近の新入社員』に多いそうです。

しかし、マニュアル人間は発生するべくして発生したのではないでしょうか?

なぜなら、【人は失敗しないために、マニュアルがある場合にはマニュアルを頼る】から。

ではどのような人間が求められているのでしょうか。

フレキシブル人間の時代が来た!!

b8229c967d61f30c78092e11a3b97700 s-500x334

『flexible(フレキシブル)』っていう聴くからにかっこいい英単語はご存知ですか?

66fb5d1a9bf7292f9a94dcb8d817532a

だそうです。

参考:コトバンク

ではフレキシブル人間とは?【あらゆる場面において、柔軟に行動できる人間】と私は考えます。

つまり、マニュアル人間のように【決められたことのみしかできない人間】ではなく、フレキシブル人間のように【あらゆる場面において、柔軟に行動できる人間】が求められるのではないでしょうか?

なぜなら、フレキシブル=柔軟に行動できる人間は様々な場面において、自分の能力を最大限に引き出し、その場面においての最高のパフォーマンスをするからです。

マニュアル人間が否定的に思われる現在だからこそ、このフレキシブル(柔軟性)を持った人間が活躍していくのではないでしょうか。

意外にも就活にも活きてくる「フレキシブル」な人間

5ec2515a531449674afe83660387b879 s-500x334

就活でもこの「フレキシブル」な人間は注目されやすいと考えます。

なぜなら、現在の就活では様々な形で先行されていくからです。

現在の面接の選考方法は、主に面接・グループディスカッション(グループワークも含め)があります。

そこでは時に答えがない問いを問われたり、グループの中で主体性を持って動かなければいけなかったりします。

このような場面で失敗する可能性が高いのがマニュアル人間ではないでしょうか?

面接の前には過去に問われた質問にはしっかり答えることができるでしょう。

しかし、過去に出ていない質問をされたら一気に自信がなくなるケースが高いと思われます。

その点フレキシブル人間は過去にない質問をされてもその柔軟性で答えることができるでしょう。

ここでマニュアル人間とフレキシブル人間の決定的違いが出てきます。

それは【自分】という軸を持っているかどうかだと思います。

【自分】という軸を持っているのでどのような質問にもどのような場面においても対応できるものだと思います。

マニュアルが全てではない。

eb52493e60f49ba60d35f6bd093c9582 s-500x281

とは言ってもやはりマニュアルは大事ですよね。しかし、マニュアルが全てではないことも忘れてはいけないことです。

さらに、いくらフレキシブル人間でも基本(ルール)をしっかりわかっていないといけません。

基本がないフレキシブル人間はただの自由人です。フレキシブル人間ではありません。

そこに『責任』はあまり感じられないと思います。

今後の『就活』『仕事』さらには『私生活やマナー』などに大切なことは、【基本(ルール)を知り、マニュアルから学び、フレキシブルに行動する】ことではないかと考えています。

是非読者の方も「フレキシブル人間」になってみてはいかがでしょうか?

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page