HASIGOLOG

”好き”は見つけた?何となく就活に待った!-ガクセイ基地 小笠原万莉亜-

皆さんは「ガクセイ基地」という学生向けメディアをご存知だろうか?

「学生が”好き”を見つける情報発信サイト」というコンセプトで、2011年に誕生し5年目を迎える情報メディアだ。

そんなガクセイ基地より代表の小笠原さんにお越しいただき、ガクセイ基地の魅力と、その活動での学びを語ってもらった。

仕事は人生の1/3!何となく就活はやめて好きなことを仕事に!

IMG 2862

ーーガクセイ基地はどのようなメディアなのですか?

”学生が好きを見つける”をコンセプトに、学生へ向けて情報を発信しているメディアです。

ーーそのコンセプトにはどのような思いが?

仕事の時間は、人生の1/3と言われています。

だからこそ、好きなことを仕事にして、やりがいを感じながら仕事をするべきです。
そのためには、学生のうちに”好き”を見つける必要があります。

その手助けをできればと考えています。

何となく将来を選択する、就活をする学生をゼロにしたいです。
好きなことが見つかっていない学生のナビゲーターになれれば嬉しいです。

”好き”に焦点を当てて取材!自分自身も”好き”を探す!

ーー具体的には何を?

ガクセイ基地が発信している情報は主に3つ。

企業研究記事、コラム記事、インタビュー記事です。
学生が”好き”を見つけられるように、多くの情報を発信しています。

ーー他の学生向けメディアと異なる、ガクセイ基地の特徴は何ですか?

インタビューで、学生と企業の両方を取り上げている点です。

多くの学生向けメディアは、いわゆる「凄い学生」をメインに取り上げています。

しかし私たちは、「企業・社会人」の取材にも同様に注力しています。

ーーそれはなぜですか?

初代代表の頃から「縦と横の繋がり」を大事にしているからです。

上の世代の方達の哲学や知見はとても勉強になります。

学生を取材した記事(横の繋がり)と企業・社会人を取材した記事(縦の繋がり)を合わせて読むことで、より深い知恵を得られると思っているからです。

またメンバー自身も、“好き”に焦点を当てながら取材することで、自分の”好き”を探すことができます。

ガクセイ基地に関係する全ての学生が、”好き”を見つけてから社会に出て行くことを祈っています。

何でも鵜呑みにしない!情報を元に自分で考える力!

IMG 2863

ーーガクセイ基地での活動で学んだことは?

「様々な情報を元に自ら納得のいく決断を下す」ことの大切さを学びました。

これはガクセイ基地自体のテーマでもあるのですが、活動していて自分自身がその重要性を感じました。

ーーそれは他の環境でも活かせましたか?

はい、活かせていると思います。
でも、正直まだまだです。

ーーそれはなぜですか?

私は今、株式会社LocoPartnersでインターンをしているのですが、ちょうど先日失敗をしました。

そこで、私にはこの学びがまだまだ足りないと実感しました。

ーー何があったのですか?

先輩から、ある作業を引き継ぎました。

その際に、先輩が教えてくださった手法でその作業を片付けました。

しかしその後、その手法よりもベターな手法があることが判明し、ご指摘を受けました。

「引き継ぐ側だけでなく、引き継がれる側も考えなさい!」と。

かつて先輩がその作業を行った時は、確かにその手法がベストだったのです。

しかし、状況は常に変わります。より良い手段が出現していたことに、私は気付きませんでした。

得た情報を過信してはいけないのです。

「何も信じるな」という訳ではないです。情報への素直さは失ってはいけない。

しかし、「手に入れた情報を鵜呑みにせず、その情報を元に自分で考えて納得のいく決断を下す」ことが大事だったのです。

これはガクセイ基地にいたからこそ学べた気がします。

ガクセイ基地での学びが、インターン先で活きる。

一方で、インターン先での学びが、ガクセイ基地で活きる。うまく相互作用が働いています。

ーー全ては繋がっているのですね。

そうです!

ーーそれでは本日はありがとうございました! こちらこそありがとうございました!

ーー最後に何かあれば一言! こんなガクセイ基地を一緒に盛り上げてくれる新メンバーを、現在募集中です!

興味ある人はぜひ新歓にいらしてください!

26517c342c1853c43c1b09a1d6a9ce05

取材後記 「”好き”な環境で汎用性のある知恵を」

小笠原さんはインターンでの失敗から、ガクセイ基地のことを連想した。

それぞれの環境で起きた具体的な事例から、一つの汎用的な知恵を得たのだろう。

人は、成功でも、失敗でも、経験から何かを学ぶ。

その学びを他の環境でも活かせるように、抽象的概念に落とし込む。

するとそれは知恵となる。

1つの経験からどれだけ汎用性のある知恵を得られるかで、成長の度合いが変わる。

その手助けとなるのが”好き”という気持ちだ。
好きなことほど没頭できる。

だから多くの時間を費やせ、たくさんの経験を積める。そして学び、知恵を得る。

つまり最も成長する条件とは、”好き”という気持ちを抱ける環境で、学ぶ姿勢を忘れないことなのかもしれない。

そういう意味では、社会に出る前、就活をする前から、”好き”を見つけることはとても重要だ。

記者:池 芳将

おすすめインタビュー記事

ボディペイントで超話題!武蔵野美術大学卒”スーパーフラッシュ”チョーヒカルとは?

小学生からプログラミング教育を! -女子高生Unityエンジニアあやみん-

感謝を伝える機会をーーーイラストレーター木村百花

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page