【19卒】合同説明会で「得する方法」

こんにちは!ハシゴ東京の平田です!

6月1日にサマーインターンの情報が解禁されましたね!

19卒のみなさんはエントリーの方は順調でしょうか?

 

エントリーをする前に、合同説明会に足を運んだ19卒の方は多いと思います。

実はハシゴも先日、東京リクルートフェスティバルにブース参加させて頂きました!

運営している側から見て

「この学生さんはうまく使いこなせてるな~」

と感心した点が多くあったので、お伝えしようと思います!

 

合同説明会で得する学生

①大手企業だけに集中せずに中小企業もしっかり抑えている

多くの企業が参加している合同説明会で、すべてのブースを回ることは不可能です。

また、大手企業は人気があるので、待ち時間などで拘束時間が長くなってしまい、回る時間が短くなってしまうケースが多いです。テーマパークなどでも、大物アトラクションだけではなく、他の小さいながらも面白いアトラクションに乗り、数を稼ぐこともあると思います。

「合同説明会とテーマパークを一緒にするな!」という意見もあるかとは思いますが、「限られた空間と時間の中で、多数の行きたい場所を選択して回る」という行為自体は同じだと思います。

是非、大手企業だけでなく、中小企業のお話も聞きに行ってみましょう!

②担当者の名刺かSNSをもらっている

ブースでは、その会社の事業内容やインターンシップ情報のお話を聞くと思います。

その際に、絶対に名刺かフェイスブックなどのSNSを交換しておきましょう!

それをきっかけにOB訪問につながり、就活をより有利に進めることができる可能性があります!

社会人の方と接点が持ちづらい学生にとって合同説明会は絶好のチャンスですので、頑張って名刺をゲットしてきてください!

③質問内容が洗練されている

ブースでの説明が終わると、担当者から「質問はありますか?」と聞かれると思います。

ここで、しっかり質問を行い有益な情報を引き出しましょう!

そのためには、説明会に行く前にその企業のビジネスモデルを調べておき、気になった点をどんどん書き出しましょう!

気になった点に優先順位をつけ、質問リストを作ってから会場に足を運びましょう!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

大学生が色んなタイプの社会人に触れ合える絶好の機会ですので、是非、足を運んでみてください!

以上、平田でした!!