HASIGOLOG

『最速で突き抜けたい!!』学生アルバイト時代に社長と二人で新規事業を立ち上げた近藤理紗さんに聞く!!!

サイバーエージェントゲーム事業に携わる子会社の横断組織SGE(Smartphone Games & Entertainment)事業部とハシゴのコラボ連載記事企画第二弾!!

今回は株式会社グリフォンに内定者アルバイトとして入社し、その後新規ゲームのプロジェクトマネージャーに大抜擢された近藤理紗さんに当時の心境やゲームを仕事にすることの面白さについてお聞きしました!!

近藤 理紗(こんどうりさ) 1993年生まれ。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。 慶應義塾大学在学中の2015年3月サイバーエージェントの内定者アルバイトとして、子会社のグリフォンに入社。 新規ゲームの立ち上げ、運用を担当した後、2015年11月より新規ゲームの企画リーダーに。 2016年4月よりサイバーエージェントに新卒入社。

『最速で突き抜けたかった』大学最後の1年、働く道を選んだ真意

d2d375049466e0dc17fb087065a8f370-2-500x375

−−− 早速ですが、まず慶應義塾大学時代はどのように過ごされていたんですか?

ダンスサークルとかテニスサークルとかに入ってたんじゃないかとよく言われるんですけど違います(笑)

サークルは慶茶会という茶道のサークルと日本のこれからを考えたりする自主ゼミサークルに入り毎週社会問題などをディスカッションしていました。

また大学外で課外活動をやっていて、その活動の中で実際にある会社のプロジェクトに入らせてもらい、若者の視点で商品開発をしたりブランディングを考えたりなどを1年半ほど行っていました。
かなり過酷だったのですが、それがビジネスや広告について考えるきっかけになりました。

−−− なるほど。そのような課外活動をしていた中で、全く関係のないゲーム事業に興味を持ったきっかけはなんですか?

元々私は仕事に対して、私自身がやりたいことよりも、世の中に大きなインパクトを与えられることを重視するタイプでした。

ゲーム事業に興味を持ったのも、今スマホでゲームを遊ぶ人は世の中にたくさんいて、その人たちにヒットするゲームを作ることができれば、それは世の中に大きなインパクトを与えることに繋がると思ったからです。

−−− 大学生活の最後の1年間って多くの学生は遊んだり旅行に行ったりすると思うんですがなぜ近藤さんは働くという選択をしたんですか?

最速で突き抜けたかったからです!!

仕事で早く成果を出してビジネスマンとして認められたいという思いと同時に、事業の方向性を自分で決め、そして組織を動かす決断経験を早いうちからたくさん積むことで、誰よりも早く大きな成果を出すことができるビジネスマンに成長しようと、スタートダッシュも込めて働くことを決めました。

多くの人がまだ経験したことのない世界を早く見てみたいなと思いました。
一番へのこだわりが強かったですね。

人気タイトルを次々とリリース!!グリフォンとはどのような会社なのか?

b66798fc27f376a6f46ec83f8e63b325-1-500x375

−−− 『最速で突き抜けたかった。』そんな近藤さんが選んだ環境が現在のグリフォンということですね。まずはグリフォンはどのようなことをしている会社なのか教えて下さい。

グリフォンはサイバーエージェントSGE(Smartphone Games & Entertainment)事業部の子会社の一つです。サービスとしては「アイドルうぉーず」や「ミリオンアーサーエクスタシス」などをリリースしています。

今まではブラウザゲーム(インストール不要のインターネット上で遊べるゲーム)を中心に開発・運用してきましたが、これからはネイティブゲームアプリ(iOS,Androidなどのスマートフォンアプリ)でヒットタイトルを作るべく開発を始めたところです。

−−− 創業4年目を迎えるグリフォンですが社内はどのような雰囲気ですか?

明るくてめちゃくちゃ楽しいです(笑)

もともと男性向けのゲームを開発してきたこともあり、男性が多かったのですが、私が担当しているゲームは女性向けゲームなので徐々に女性も増えてきました。
男女問わず社内の仲は良くて、休み時間は社員何人かで集まって一緒にゲームをして楽しんでいる人も多く、すごく和やかな雰囲気です。

−−− 社内での縦と横の関係はどのようなものですか?

代表の山本と役員は毎日決まった時間に役員MTGをしています。そのうち、週に1回はボードメンバー・プロデューサーやプロジェクトマネージャーも参加する機会があるので、私も参加しています。

社長や役員が何を考えているのか、今どういう経営思想を持っているのかを定期的に聞けるので、1事業の責任者をしている私にとって非常に貴重な機会になっています。

−−− グリフォンで近藤さんの担っている具体的な業務内容を教えてください。

企画リーダーをしています。1つのゲームアプリの責任者として、企画、イラスト、UIデザイン、アニメーションや広告などあらゆるアプリ内での意思決定の最終判断をしています。

−−− 現在ゲーム業界ではネイティブアプリが主流となっていますが敢えて「ブラウザファースト」の方針を貫いていた真意とネイティブアプリに進出した真意や意思決定があれば聞かせてください。

グリフォンは『一般的にはニッチと思える市場でも、そこにたくさんのお客様やビジネスチャンスが潜んでいる市場と判断できれば、その市場で勝てる作戦を持って戦いに挑む会社』だと思っています。

今のスマホゲームの主流は、ネイティブゲーム市場ですが、ブラウザゲーム市場にもまだゲームを遊ぶたくさんのお客様がいます。

今までグリフォンが培ってきたブラウザゲームの開発・運用ノウハウを武器に、クオリティが高く、多くのお客さまの心をつかめる面白いブラウザゲームを作ることができれば、まだ大きいブラウザゲーム市場で勝てるチャンスがあると判断し、今までグリフォンはブラウザファーストを貫いてきました。

一方、グリフォンがネイティブゲーム市場への進出を決めたのは、やはり無視できない市場の流れがあったからです。

引き続き、ブラウザゲーム市場に注力して今のグリフォンを支えつつ、今後グリフォンが成長していく為に、ネイティブゲーム市場を始めとした新しい領域にチャレンジしていく必要があると思います。

内定者アルバイト時代に新規ゲームのプロジェクトマネージャーに大抜擢された当時の心境は!?

7ae5d75b0f54b6238f6f1ddf4482c3b9-500x389

−−− 近藤さんは内定者アルバイト時代に新規ゲームのプロジェクトマネージャーに抜擢されましたが、その時の心境を教えてください。

嬉しい!なんて貴重なチャンスなんだ!という気持ちが強かったです。
自分がいくらやりたいと思っていても、タイミングが合わなかったりすると、そのチャンスがまわってくるのははるか先の話になる場合もあると思います。

なので、そんなチャンスをここで逃してたまるかという気持ちでした。

ただ、もちろん不安もないわけではなかったです。
やはり新規ゲームをやるにあたって初めて経験することばかりで、業務をしている最中は毎秒不安を感じていましたが、絶対やりきるという強い気持ちとリリース後にユーザーの皆様が楽しくゲームを遊んでくれている様子をひたすら想像してなんとか乗り切りました。

−−− なるほど。不安よりもワクワクの方が大きかったんですね!プロジェクトマネージャを任されるにあたってどのような困難にぶつかりましたか?

リリース直前になって不具合が発生し、最後までそれを1つずつ修正していた時は正直辛かったです(笑)

開発がスケジュール通りにいかなかったり、開発中にたくさん不具合が出たりして、ユーザーの皆様にちゃんと遊べるゲームを届けられないかもしれない、というプレッシャーがとてつもなく大きかったですね。

−−− やはりキャリアも年齢も上の人を束ねることは大変だと思いますが、何か特別気をつけていることはありますか?

一番はしっかりと物事に向き合う姿勢だと思います。一生懸命やらない人には誰もついてきてくれないと思っているので。

ただただ自分がそのプロジェクトに対して全身全霊で挑み、強いビジョンを持ち真摯な気持ちで取り組むということが大事だと思いますし、一生懸命やっていれば人はついてきてくれると感じています。

もちろん、自分に経験がないのは事実なので知ったかぶりはせず素直に困った時は困りましたと言ったり、分からないことは分からないと言うようにしています。
プライドは持たず、真摯、謙虚、素直さが大事だと思っています。

常に全力。自分だけの価値を作りたい。

5e2911682fd9b5921bacb7584f319e19-500x375

−−− 新卒でも活躍できるこのような環境についてどうお考えでしょうか

すごいなと思います。
新卒に一本事業を任せるのはとてもリスクがあることだと思います。

その中でも任せてくれるのは、元々私が女性向けコンテンツや女性向けゲームに1人のファンとして知見を持つ点、今女性向けゲーム市場が盛り上がってきている点、私の「世の中に大きなインパクトを与えたい」という志向性と仕事への向き合い方に、ビジネスチャンスがあると賭けてもらったからなのではと思っています。

その分、いい意味でプレッシャーを感じていますし、最後までやりきり、大きな成果を返したいと思います。

−−− 仕事を遂行する上で気をつけていることや信条はありますか?

常に全力でいることです。時々、周りから大丈夫?と心配されます(笑)

ただ、やるならとことんやりたいと思っていますし、自分だけの価値を作りに行きたいです。

一人で成し得ることとチームで成し得ることの大きさは全然違うと思っています。一緒に戦ってくれる人たちと、できるだけ大きいことや世の中にインパクトのあることをしていきたいです。

−−− これからの夢や目標は何ですか?

まずは今担当している事業を成功させたいです。

そうしてヒットサービスを生み、グリフォン、そしてサイバーエージェントを今よりもっと大きくしたいです。そのためには目の前にある今の事業を必ず成功させたいと思っています。その先にまた新たな道があると信じて頑張ります。

−−− 最後に同世代の学生さんに一言お願いします!!

「やってみないと何もわからない」と思います。挑戦した結果失敗することもありますが、失敗してもその経験が次のチャレンジに活きていくと思います。
もし、迷っていることがあったらまずは踏み出してみた方がいいと思います!

わからないことに対してずっとモヤモヤしているよりも、まずはやってみるといろんなことが見えてくると思います。

−−− 本日は貴重なお話ありがとうございました!!

ありがとうございました。

22bc1bf4cb7d8b63a86aaa40fd765d05-500x375

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page