HASIGOLOG

連載スタート!ハシゴ業界研究!

こんにちは、ハシゴ福岡のさきやまです。

今日から福岡メンバーのさきやま、ヨッシーのふたりでお送りするシリーズ企画を紹介します!

名付けて・・・ハシゴ業界研究!!!

私自身、大学3年生ということもあり、最近は就職活動が忙しくなってきました。最近は8月に後ろ倒しになった解禁月が、6月まで引き上げられるなど、今後も様々な動きがありそうな就職活動。

これから就職活動が本格化する3年生はもちろんのこと、なんとなくどんな業界があるのか知りたいという1、2年生にも読んでもらいたいシリーズです!

今日は、初回ということもあり「なぜ業界研究をしなければいけないのか」、「どのような業界があるのか」、「どんな業界を選べばよいのか」ということをお伝えしていきたいと思います!

bsYUKA1507015984571

【なぜ業界研究をしなければいけないのか】

まず、業界研究は3つのステップで進めていきます。

①自分の知っている業界だけでなく、知らない業界のことも知る

②その中から興味のある業界を絞る

③絞った業界について詳しく理解する

日本には400万社以上の会社があり、その中から自分にぴったりの会社を選ぶことは容易なことではありません。

業界研究で、このようなステップを踏むことにより、その後の会社選びをスムーズに行うことができるようになります!

【どのような業界があるのか】

まず大きく5つに大別できます。その中に多数の業界が存在しています。

①社会基盤系:不動産、エネルギー、交通など

②製造系:電機・機械、素材、生活用品など

③販売・仲介系:商社、百貨店、アパレルなど

④サービス系:レジャー、マスコミ、教育など

⑤金融系:銀行、投資ファンド、保険など

どの分野も約20年間生きてくる中で、一度はどこかでお世話になっていると思います。こう見てみると、自分があまり興味のなかった業界もかなり生活に根付いているものが多く、調べてみる価値がありそうですよね!

【どのような業界を選べばよいのか】

大前提としては、「自分が熱くなれる」業界だと思います。

夢に向かって走りだす!!!じゃないですが、自分が本気でのめり込めるようなものが見つかれば、それが一番です。

しかし、そういうものがない人も一定数いると思うので、そのような人は「業界の伸び」を参考に選んでみましょう!

エネルギー業界を例えに出すと分かりやすいかと思いますが、今の日本は大半のエネルギーを石油の輸入に頼っています。

しかし、50~60年前までは石炭が主流でした。衰退期に石炭業界に飛び込んだ新卒社会人は、その後どのようになったか・・・皆さんお分かりですね。

自分が働くであろう今後40年のスパンで考えたときに、自分の志望業界が成長フェーズから成熟フェーズにかけて動く、もしくはずっと成熟フェーズにいつづけるのであれば、これほどよいことはないと思います。

【最後に】

さて、これから業界研究が始まりますが、個人的にはまず100の業界を研究していきたいと思います!

「そもそも、そんなにあるの?」と思った方もいると思います。。。あるんです!!!

世の中には本当に様々な業界、業種があります。多くの学生さんにとって、この連載が将来を見据えるきっかけになってくれたら嬉しいです。

これからよろしくお願いします!!!

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page