未来を作る学生インターン主導チーム。

【19卒必見】業界研究に必要な3つの視点?

「視座は高くもったほうがいい」「様々なことにアンテナをはり、情報をとったほうがいい」「社会人の視点は非常に勉強になる」。

18卒で現在就職活動中の方も、19卒で就職を意識して今からサマーインターンの方も上記のようなことを言われたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

今回が就活時に持っておいたほうがいい3つ視点(考え方)をご紹介します!!

鷹の目、蟻の目、魚の目の3つの視点で考えよう!!

ご紹介する3つの視点は、様々な時に用いることができますが、今回は例えば「業界研究」の時に用いる場合で考えていきます。

鷹の目

鳥は羽を持ち大空に羽ばたきます。非常に高い視点で物事を観察し行動します。つまり、俯瞰して全体をみることができます。鷹の目とは、大空から眺めるように物事を大きく捉え考えよう!という視点です。これは自分自身の長期的目標を考えるときや業界(企業)研究のときに用いることができます。

例えば、行きたい(気になる)企業を見つけたとき、その企業だけではなくその企業が属している業界を見ることが鷹の目の視点になります。対象に対し大局的に捉え思考していくことです。これにより大まかな現状理解とその企業がどれくらいの立ち位置なのかなど、その企業のみではなく非常に広い視点で企業(業界)研究を行うことができます。

蟻の目

複眼という虫特有の目をご存知でしょうか?虫の目は小さな目の集合体のような構造をしています。その目では、近くのものを様々な視点でみることができるのです。蟻の目とは、虫の複眼のように多角的にものごとを捉え考えよう!という視点です。鷹の目が長期的目標を考えることができるのであれば、蟻の目では短期的目標を考えるときに用いることができます。

業界研究でいう蟻の目とは、行きたい(気になる)企業について細部まで調べることです。ホームページを見て終わりというわけではなく、実際にどんな仕事をしているのか、働き方やビジネスモデルなどを詳しく調べていきます。その企業の方に話を聞きにいくことやサービスや商品を購入してみることもして良いのかもしれません。つまり、その企業について知らないことはない!というぐらい細部まで調べて判断するのがこの蟻の視点です。

魚の眼

魚は海の中で潮を流れを読みながら泳いでいるそうです。干潮や満潮の流れを予測し浅瀬で生活したり、深い沖合に移動し生活したりする生き物です。つまり、魚の目ではこの先の流れを予測し考えよう!という視点です。これは自分自身の将来や社会の流れを予測する際に用いることができます。

業界研究でいう魚の目とは、気になる(行きたい企業)企業の今後どのような施策やサービス(商品)を展開していくか、その企業が属している業界が今後どのような変化が訪れるのか(市場が上がるのか下がるかなど)を予測することができます。

就活生に必要なもう一つの視点!

以上の3つの視点で自分が気になる(行きたい)企業を見てみることができれば、業界研究を最低限した!と言えるレベルになっていると思います。業界研究は、自分だけの視点ではなくこのように大局的に、詳細に、先を見通しながらみることが重要になります。1人では難しい場合は、友人や先輩など周りの人を巻き込むこともしてよいでしょう。

また今回の3つの視点な業界研究以外にも様々なことに置き換えて考えることができるのでおすすめです!

企業数421万社(国内の企業数)の中から行きたい企業を見つけることは至難の技です。是非、満足できる企業選択を!!

終わりに:面接時にはもう一つの視点を!

就活生にとって忘れがちなのが、「面接官の目」です。

面接で、面接官にどのように見られているかを考えることはもちろん重要ですが、是非面接官から質問された場合などに「なぜこの質問をするのだろう?何を求められているのだろう?」という視点(考え方)を持って面接に望んでください。今まで気づかなかったことや自分の見せ方などが変わるかもしれません。