未来を作る学生インターン主導チーム。

就活生におすすめのストレス発散法3選

19卒の就活生の皆さん!!
インターンシップの選考などが始まり、受かった人も受からなかった人も就職活動のことを考えなければいけない時期になり多少のストレスを感じているのではないでしょうか。

ストレスを発散したいと思っている方のためにおすすめのストレス発散法を3つ紹介します!

おすすめストレス発散法

皿割り

選考結果が思い通りに行かずにムシャクシャした時は、何かを壊したくなる衝動にかられる方も少なくないでしょう。

そんなムシャクシャ時におすすめなのは皿割りです。
お皿を何枚か購入し、防具を付けて全力で壁に投げつけることができます。

カタルシス効果と呼ばれ、お皿を割ってはいけないという緊張感と割った後の安堵感によってリラックス効果が期待できます。

皿割りは、移動式皿割りワゴンで全国に出店されます。
運が良ければどこかで遭遇するかもしれません!
また大阪・難波では「ピアットトーラー」という少し怪しめのお店で体験することができます。

※屋外ですると迷惑なので気を付けましょう。

モヤモヤしている方は就職活動の合間などに皿割りをしてみてはいかがでしょうか。

カタルシス:心理学用語集

旅行

なにかスッキリしない時は気分転換に旅行へ行きましょう。

普段見慣れていない風景やきれいな景色を見ることをオススメします。
景色が変わるとリフレッシュでき、癒し効果を得ることができます!!

国内へ日帰り旅行や温泉旅行、お金と時間に余裕のある方は海外へ行ってみてはいかがでしょうか。

非日常な生活をすることで気分をリフレッシュすることができます。

就職活動も大切ですが、息抜きも大切です。
忙しい時期だとは思いますが休みの時間もきちんと作り、快適な生活を送りましょう!

マインドフルネス

マインドフルネスとは、「いま・ここ」の体験に意識を集中させて、良い悪いなどの価値判断を捨て、五感や心で感じたまま、つまり自分を客観視し「あるがまま」に現実を受け入れることです。

グーグルでは、2007年に「サーチ・インサイド・ユアセルフ」という「マインドフルネス」のプログラムを立ち上げました。
これをきっかけに、グーグルでは瞑想に興味を持つ社員が増え、今では5000人以上のグーグラーが瞑想を実践するという規模にまで成長しています。

ストレスや感情のコントロール、集中力や生産性の向上などの効果があります。
実際に企業が取り入れたことで、社員の生産性が上がったり、社員が昇給するなどの効果がありました。

ちなみにあのスティーブジョブスも取り入れていたそうです!
是非日々の生活の中に取り入れて心を整えてみてはいかがでしょうか?

5,000人のグーグル社員が行う瞑想「何とかなる。それはやることをちゃんとやってる人のセリフ。」

終わりに

インターンシップの選考などが始まり、就職活動について意識することが多くなりました。
その際に、ストレスなどを感じる時があるかと思います。

上記のストレス発散法を参考にし、溜め込まずに楽しい大学生活を送りましょう!