未来を作る学生インターン主導チーム。

【何すればいいの?】就活後の時間の過ごし方 

みなさんこんにちは久保ちゃんです!

最近就活に悩まされ、就活後の生活ばかりを妄想してしまう筆者が「就活後の過ごし方」の考え方について様々な例をまとめてみました!

「年末は楽しいことを考えて過ごしたい」、「就活の終わりまでが勝負じゃない、それからが勝負だ!!!!」といった考えをお持ちのみなさん是非ご覧ください!

hukurikousei

就活後の過ごし方

就活後の過ごし方には「入社後に活躍するために情報をインプットしておこう」、「大学時代の友達と会えるだけ会おう」など様々な軸があると思います。

しかし筆者はその軸を基に「何をするか」を決める際に、「大学生のうちにしかできないことは何か」を考えることがとても大切だと思っております。人生のうちで大学生であるメリットを享受することができるのは今だけであり、そのメリットを最大限に生かす事は人生を豊かにするうえで大切なことであると考えているからです。

そこで大学生であることのメリットを纏め、そのメリット毎にどのような行動をすることが出来るかを纏めてみましたので、考え方の参考にご覧ください!

man-1090766_1920

まとまった時間

まずみなさん周知のとおり、社会人になるにつれて自由に使うことの出来る”まとまった時間”というものは限られてきます。だからこそまとまった時間でしかできないことを今のうちにしておくことはとても大切であると思います。そこでまとまった時間が必要になる行動をまとめてみました。

➀一人旅

まずは就活後の時間の過ごし方で最も”王道”といわれる旅行の中で特に筆者が学生のうちにしかできないと考えている一人旅です!

社会人になり企業に勤めると、もちろんまとまった時間をとることが難しいのに加え、その時間には家族や会社の人と過ごすということが多くなると思います。そこで学生のうちに一人旅を経験しておくことはとても有意義だと思います!

一人旅は自分の自由に時間を使い、好きなところに行き、好きなことをすることが出来る貴重な機会です。また一人慣れない土地に行き、慣れない言語に囲まれながら生活することは自分自身に胆力をつけるいい機会であると共に、日常の当然に感謝する機会にもなると筆者は考えております。

そんな一人旅を思う存分味わえるのは学生時代だけかもしれません。

 

②海外留学

上記の一人旅と似ていますが、海外留学を学生のうちに経験しておくことは、将来にむけた価値観を形成するうえでもとても意義あることだと筆者は考えております。

「社会人になっても会社の社費で留学はできるやん」と考えている方もいると思いますが、「何か仕事に必要なスキルを学ばなければ」といった社会的責任から自由に留学をすることが出来る機会は学生時代にしかないと思っております。

就活や勉強から自由になった今だからこそ、留学に行くことは新しい、異なる価値を持っているのではないでしょうか?

library-1697314_640

③勉強

ここでいう”勉強”は必要に迫られて行う勉強でなく、自分自身が学びたいことを学ぶ意味での勉強です。

社会人になり企業に勤めると、仕事のことや人間関係について学ぶことはあっても、そういった仕事関係から離れた学問を集中的に学ぶ機会はなかなか確保することは難しいです。だからこそ興味のあることを勉強することができる時間は今しかないかもしれません。

利害関係のない関係を作る

➀友人

社会人になり企業に勤めると人間関係が社内や取引先の社員に限られ、なかなか利害関係のない友人や相談相手を作ることは難しいかもしれません。だからこそ積極的にサークル活動やアルバイトに参加し、将来仕事との絡みがない自由気ままに話せる人間関係を構築しておくことは将来の生活において役立つことになるかもしれません。

 

②人生の師

どうしても社会人になり企業の価値観や考え方に染まると、自分自身が尊敬できると考える人物も固定されていくかもしれません。だから価値観の固定されていない今だからこそ尊敬できる人物を見極め、人生の師として関係性を構築していくことは将来道に迷った時や悩んでいる時に新しい発想を持ち込んでくれる機会をもたらしてくれるかもしれません。

 

③恋人

社会人になるとどうしても恋愛に”結婚”が絡んできて、そうなるとどうしても”金銭”などが恋愛関係に絡んできます。そうした恋愛が”嫌だ”と思う人にとっては純粋に自分が好きだと思った人と交際する機会は今しかないかもしれません。だからこそ社会人になる前に恋愛をすることは貴重な経験であると思います。

love-1520472_640

学生という立場

社会人になると当然のことながら”学生”という肩書は捨てなければなりません。だからこそ”学生”に与えられている特権を最大限に使ってみましょう。

➀学割を利用しきる

テーマパークや飲食店の中には”学割”という素晴らしいサービスを提供している場所があります。大学生のうちにすべての学割を利用しきって見るのも一興です。

universal-studios-1640516_640

 

②学生限定のイベントに参加

いわゆる婚活イベントやボランティア活動、勉強会にも学生限定というものが多く存在します。そういった機会の利益を最大限利用するためにも学生のうちに何でもそういったイベントに参加してみましょう。

 

③学生限定の施設を使う

上記に似ていますが都会の勉強スペースや大学図書館などには学生限定スペースが存在します。学生という立場がどれだけ優遇された立場であるか、その特権は使ってこその特権です。

 人生は一度きり

いかがだったでしょうか?今回は就活後の過ごし方という題名でご紹介させていただきましたが、これは学生全般にあてはまることでもあります。

あなたも「学生時代にしかできないこと」を意識して日々の生活を送ると、後々の人生をより豊かにしてくれる貴重な時間を過ごすことができるかもしれません。

library-488681_640