未来を作る学生インターン主導チーム。

「毎日、恐怖の連続。」 サイバーエージェントグループ(株)ハシゴ長期インターンを経て

「長期インターンは何が良いの?」

 

そんな声に応えるべく、ハシゴ元インターン生を取材しました!

約10か月間、週5、フルタイムで働いた学生に実際の「長期インターン」とはどんなものだったのか、聞いてみました。

 

毎日、恐怖の連続。でも長期インターンは恐怖であれ    

14876703_898245633640671_2836078397086168415_o

池 芳将(いけ よしまさ)
慶應義塾大学環境情報学部4年。大学3年終了時、1年間休学。オーストラリアに3か月間引きこもる。帰国後、(株)ハシゴにて長期インターン開始(2015年10月~2016年8月)。10か月、週5、フルタイムで働く。趣味はアイドルオタク活動。現在は、ひよっこオタク「#ひよオタ よしりん」として活動開始。

 

ーーさっそくですが長期インターンの感想は?

 毎日、恐怖の連続だった。

 もちろん毎日がチャレンジングで楽しかったよ。でも一方で、自分の決断と結果にビクビクしながら出社していたな。長期インターンといえど、言動の責任は重いからね。

 

ーー楽しさ、怖さ、が共存しているんですか?

 うん。挑戦する毎日は楽しいし、成果が出たときは嬉しい。でも、成果を出せなかったときは恐ろしい。別に誰かに怒られる訳ではないけど、悔しいから。

 成功へ向けて、自分で自分にプレッシャーかけた。「やったけど、できませんでした。」は何もしてないのと同じ…って誰か言ってたからさ。そうならないように(笑)。

 あと、会社のブランドを使って活動するから、また恐怖。「株式会社○○の△△と申します」と名乗るわけで、「株式会社○○のアルバイターの△△と申します」とは名乗らない。

 僕がミスったら会社のミスになってしまう。社外の人にとって、担当者が社員かバイトかなんて関心事じゃない。だから、失敗は凄く怖かった。

 

ーー毎日が恐怖で辛くなかったですか?

 辛くはないよ。そういう環境を求めてハシゴに入ったから、スリリングだけど毎日が学びだった。

 それに、長期インターンやるなら恐怖があった方が良いと思う。短期と違って長期インターンは、リアルな職業体験が良さの一つ。恐怖があってこそ職業体験だと思う。

 

就活前の休学で情熱の再確認!24時間オタクで興奮しながら働きたい!

14883558_898248996973668_6429543242078968507_o

ーーインターンをした理由は?

 就活前に働いてみたかったから、自分が好きな「IT×芸能エンタメ」業界の長期インターンを探していた。そしたら偶然、サイバーの募集を見つけて応募した。サイバーってその分野に強そうなイメージあるから。

 

ーー「働いてみたかった」とは?

 就活する前に、働くイメージを掴みたかった。だから職業体験をしたかったんだ。それで週5フルタイムでがっつり働ける場所を探していた。

 

ーー「IT×芸能エンタメ」というのは?

 自分が興奮する分野なんだ。大学選びも、様々な切り口でITを学べる慶應SFCを選んだほど、ITは自分にとって外せない条件だった。芸能エンタメは、僕自身が気持ち悪いアイドルオタクだから、凄く興味があった。

 

ーーでは就活の志望業界であるインターン先を選んだんですね。

 いやそうではないかな(汗)。

 IT業界とは決めていたけど、芸能エンタメ業界に関しては悩んだ。中途半端な情熱ならやらない方が良いと思ったから。それを確かめたくて、1年休学した。

 

ーー休学では何を?

 まず、オーストラリアに引きこもってみた。自分のルーティーンから強制的にアイドルを抜き取ってみた。もしそれで普通に過ごせるなら、「芸能エンタメ」への情熱はそこまでだと判明すると思って。

 

ーー結果はどうでしたか?

 現地に到着して、まずYoutubeで新曲のMVを確認していた。翌日から、Dreamweaverでアイドル情報サイトの制作をして遊んでいた。そんな3か月を過ごして、僕には情熱があるんだなって確信できた。

 

ーーそこでやっと志望業界が確定したんですね。

 それがまた違うの(汗)。

 「好きなことを仕事にしてはいけない」っていう人いるでしょ。それも確かめたかった。だから、サイバーエージェントの長期インターンに応募したの。好きなことを扱う場所で働いてみて、自分で確かめてみようと思って。

 

ーー結果はどうでした?

 やっぱり、好きなことを仕事にしたいと思った。確かに、好きなことを仕事にする辛さは予想がつく。しかし、それでも24時間オタクとして興奮しながら働きたいと決心した。

 

信頼ゼロから始まった。仕事のできないオタクの誕生と卒業。

ーーなぜハシゴに?もっと芸能エンタメ寄りな部署はあるのに。

 自分が学生だったから。ハシゴは、学生が活躍する社会を創るために、学生をサポートをする会社だった。自分も学生だから、学生目線であることを強みとして闘えるからイイなと思った。興味分野も「学生×芸能エンタメ」という企画をやれば良い訳だし。

 

ーー「強味×好き」の部署を選んだってことですね。

 うん。でもすぐにやりたいことはできなかったよ(汗)。

14876592_898248866973681_2872792198126210915_o

 それはオタクの幻想だった。最初は、メール作成とか基礎的な業務を一日中やっていたよ。僕にはそれすら完遂する力がなかったからね。LINEスタンプの送り方は知っていたけど、ビジネスメールの送り方は知らなかったからさ(笑)。

 「仕事 メール」「メール 敬語」とかひたすらググった。仕事のできないオタクだった。でも、やりたい企画は考えていたし、それには基礎は必要だったから頑張れたよ。

 

ーーいつから新企画をやり始めたんですか?

 3か月目くらいからかな。それまでは基礎で手一杯で、企画を実行する余裕がなかった。

 

ーー3か月目からは?

 基礎業務に8時間かかっていたのが、5時間で終わるようになった。そこでようやく、企画を実行するチャンスが出てきた。

 

ーー印象的だったお仕事は?

 「チョーヒカルさん」「川口真美さん」「カレッジーノの江澤くん」の取材は特に印象的だった。

 チョーさんは、僕がライターを務めた記事で、初めてNEWSPICKSに載った記事なんだ。各国でテレビ出演するくらい世界で話題のクリエイターだから緊張した。そんな彼女のキャラクターと作品、思想を、文字と写真だけで表現するのは本当に苦労したよ。でも、NEWSPICKSで40Picksくらい貰えて凄く感動した。

ボディペイントの武蔵野美術大学チョーヒカル

ボディペイントで超話題!武蔵野美術大学卒”スーパーフラッシュ”チョーヒカルとは?

 

 川口さんは、記事の反響が良く本人から感謝の言葉を頂いた。取材内容は、彼女のAED(人口自動体外式除細動器)の認知度向上プロジェクトの取材だった。記事公開後に、有名カメラマンや、国の方から「この記事を見たんですが…」と連絡が来たんだって。

バイトAKB慶應SFC看護学部川口真美

バイトAKBがビジコン優勝?シリコンバレー研修?医療イノベーションを目指す慶應SFC川口真実とは?

 カレッジーノの江澤くんは、僕にとってハシゴで最後の取材記事であり、最後の仕事だった。この記事は、江澤君にとっても、ハシゴにとっても重要なものだったから、プレッシャーが凄かったよ。一方で、会社にとって重要なミッションを任せてもらえた喜びもあった。結果として、NEWSPICKSで100PCIKSくらい貰えて、最高の気分だったな。

早大生江澤がサイバーエージェントグループにカレッジーノ譲渡

現役早大生江澤がサイバーエージェントグループにカレッジーノ譲渡を発表へ。彼を突き動かす”就活の怒り”とは?

 

ーー10か月で変化があったんですね。

 うん。最初は失敗ばかりで信頼ゼロからのスタートだった。徐々に信頼得て、やりたい企画が通るようになった。仕事のできないオタクの誕生と卒業の10か月だったよ。使えないオタクを使い続けてくれたハシゴの方々には、本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

ハシゴの良さは、自走するしかない環境。自分で考える癖がつく。

14859871_898249156973652_5198352129454791800_o

ーーハシゴで身についたことは?

 自走力かな。何事も自分で考える癖がついた。

 僕がハシゴに入った時、東京支部はほぼ立ち上げ段階だった。最初のMTGの議題が「今後何をするのか?」だったのが印象的。ビジョンはあったけど、具体的なプランは決まっていなかった。全部自分で考えて、自走するしかない状況だった。

 

ーー全部自分で考えるとは?

 企画考えて、マイルストーン考えて、先方に交渉して、実行して、最後に責任を持って結果報告をする。これ全部自分でする状況だった。だから恐怖だった。社外の人も巻き込んでいるから、自分の失敗がハシゴの悪評になってしまう気がして。

 勿論、上司の支えがなければできなかった。ハシゴは良い意味でインターン生には放任主義で、学生が狂ったことしていないか常に見守ってくれていた。そういう意味では、補助輪付きの自走なのかな(笑)。

 

ーーインターンで心がけていたことは?

 徹底的なマネジメントかな。マイルストーン作って、丁寧にタスク管理しておかないと自滅する。最初の頃、それが不十分で大失敗したよ。凄く謝ったのを覚えている(涙)。

 カオスな状況になると、ヒューマンエラーは必ず起こる。だから、そもそもカオスにならない仕組み作りや、誰かミスしても誰かが気づける体制作り、には力を入れた。僕の提案の大半は、内部向けのものが多かったと思う。

 

ーー改めて長期インターンの良さは?

「働く=恐怖」だと分かること。そして、「働く恐怖の対価に何が欲しいか」が分かること。例えば「お金」や「名誉」。でも僕は、「好きなこと」だった。

趣味を仕事にする代わり、趣味に恐怖が付きまとっても良い。オタクコンテンツを仕事にして、半オタクという不名誉を得ても良い。オタク業界を盛り上げたい。

こういう発見を就活前に知れるチャンスが、長期インターンの良さだと思う。もちろん、長期インターンが最良とは思わない。後悔しない学生生活を送ることが大事。ただ、もし長期インターンをするなら、働く恐怖を体験できるインターン先を探した方が良いと思います。

 

 

その他おすすめインタビュー記事

『「就活を待つんじゃねぇ!」ぬるま湯に浸かってる大学生に贈る。外山隆盛怒りのメッセージ』

『「就活を待つんじゃねぇ!」ぬるま湯に浸かってる大学生に贈る。外山隆盛怒りのメッセージ』

『最速で突き抜けたい!!』学生アルバイト時代に社長と二人で新規事業を立ち上げた近藤理紗さんに聞く!!!

グリフォン近藤さん_8451

坂口莉果子は全力です!ミスティーンジャパングランプリ!GTO出演女優!慶應SFC生!から学ぶ強く生きる3つのコツ!

3