HASIGOLOG

与えることによって、自分が満たされる。─ハシゴインターン生 加荘夏美さん

名前:加荘 夏美 (かそう なつみ)

福岡大学人文学部教育臨床心理学科に在学。
九州最大級の学生イベント「CAMPUS COLLECTION IN FUKUOKA」の副代表を務める。
3月からはハシゴインターン生として、サイバーエージェント福岡でインターネット広告事業部にコミットしている。
好きなタイプは「色気があり渋い、ワインとバスローブが似合うおじ様」とのこと。

与える事によって、自分が満たされる。

b9a776ca39dc15c57d38891fa321aad2

− キャンパスコレクションといえば、大阪で毎年強烈なインパクトを残し、数千人規模の集客数を誇るイベントですが、具体的にはどのようなイベントなのですか。

ファッションショー、ダンスショー、サロンショー、ボーカルショーなど、様々なコンテンツが集まった総合エンターテインメントショーです。運営や企画は全て学生が行っております。
もともと関西で始まったのですが、去年福岡に派生してきて今年は2年目を迎えました。

− そのイベントの副代表という立場にありますが、具体的にどのようなことをされているんですか。

イベントを運営するにあたって様々な部門があります。
その全ての部門の管理をすることが私の仕事です。
一言で管理といっても、スケジュール・人員・金銭・協賛企業とのやりとりなどその幅は多岐に渡ります。

様々な情報、意見を吸い上げつつ把握し、軌道修正をしなければならないので難しい部分もありますが、自分の軸は絶対にずらさず意思決定はするようにしています。

− 自分の軸とは何なのでしょうか。

全ての人が納得できるイベントにすることです。
自分がどうこうというよりは、自分の周りの人や、イベントに関わってくれた方が、このイベントを通して満足感を持って頂けたら嬉しいですね。

自分の頑張りによって周りの人が幸せになってくれることが、私の一番の幸せです。

5f4271ff8551a8a38146c7a02a2b381a-500x375

活力の源泉は”負けたくない”という気持ち

− イベントの準備は日々大変そうですが、その中でインターン生としてサイバーエージェントの広告事業部でも活躍されてますね。すごくアクティブな印象ですが。

気づくと忙しくなっているんですよね。
キャンコレもインターンもそうですが、始めたきっかけは友達からのお誘いなんです。
しかし、いざ始めてみると熱中しています。

− 何事にも一生懸命になれる理由は、何なのでしょうか。

昔から、どんな状況下でも「高い目標を達成したい」、「負けたくない」という気持ちは非常に強いです。
立場や年齢は自分にとっては、さほど関係ありません。学生だからできないという言い訳も好きではありません。

広告事業部では、大学卒業までに事業部内で結果に一番コミットできる人財になりたいと思っています。
周りの社員さんは今まで何年間もこの事業部で活躍されてきた方ばかりですので、その方々から色んなものを吸収し、追い越していきたいですね。

− 将来的な目標などあれば教えてください。

人として厚みのある人間になりたいとは常々思っています。
今まで出会ってきた方々の中で、厚みがある方はいつも言葉に表せないオーラを纏っています。

自分の成果を確実に上げながらも、周りの人のことを思いやることができる人間になれるように、これからも色んなことにチャレンジしていきたいです。

編集後記

彼女を一言で表すと”完璧主義者”です。
どんな環境でも高みを目指す・・・たしかに、それが故に空回りしてしまうこともあります。

しかし、どんな環境でも愚直に努力でき、様々なものを吸収できるその姿勢は、一種の才能と言っても過言ではないと思うのです。

彼女のような学生が福岡で活躍していくことによって、福岡の大学生に新しい大学生活の過ごし方を提示していってほしいと強く願うとともに、私自身も彼女に負けないように、成果に焦点を当てながらハシゴにコミットしていきたいと思いました。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page