HASIGOLOG

素直に嬉しい。 そんな感情を大切にしながら。─武蔵野美術大学 下出ふぶきさん

名前:下出ふぶき(しもでふぶき)
武蔵野美術大学1年生。
学業の傍らロゴデザイナーとしても活動している。
好きなタイプは「食べ方が綺麗な人、笑いかたが綺麗な人、目標がある人、尊敬できる人。
プー太郎はちょっと厳しいかな」とのこと。

素直に嬉しい。そんな感情を優先しながら。

— そもそも、なぜ美大に進学しようと思ったのでしょうか?

小学校のころからヘアメイクアップアーティストに憧れています。
本当は高校卒業後、ヘアメイクの専門学校に行きいと思っていたのですが、悩みに悩んだ結果、大学卒業してから専門学校に行くという選択をしました。

大学入学後は、ヘアメイクアップアーティスト以外にもプロップスタイリストとう道も視野にいれています。
ブランドのショーケースのなかのデザインをしたり、広告媒体の部屋の背景をつくったりするような仕事です。

— それらの仕事のどこに惹かれているのでしょうか。

高校の文化祭の時に友達にヘアメイクをしたら、普段とは全然違う可愛い姿になった!とすごく喜んでくれたんです。
その体験がきっかけで、いつか自分が作ったもので誰が笑顔になれるような仕事、そして何かを伝えられるような仕事をしたい。

そう強く思うようになりました。
よく「それってお金にならないよね」と言われることもありますが、それについては本当に気にしたことがないんですよね…

素直に嬉しい。
そんな感情を大切にしながら選択をしています。

IMG 7993-686x386

IMG 8004-686x386

美大の、自由すぎる風土に衝撃を受けましたね。

10818327 769453916468244 3037469835166886995 o-579x386

— 美大に入って何かおどろいたことはありますか?

自由すぎる風土に衝撃を受けましたね。
みんな自由きままに過ごしています。
そしてそれぞれ、自分の譲れない強いものがあって、思ったことをすぐに言ってしまうので、喧嘩は少し多いかもしれません笑。

あとは他の大学と違って友人同士で固っまたりはしませんね。
1人行動が基本です。ぼっちは普通。
そういう人たちと一緒にいて、ものすごく価値観というか許容範囲が広がったのは事実です。

— 何か制作をされる際に、意識していることはありますか?

ポートフォリオでは自分が満足するまで作る事を意識しています。
仕事の時は相手のことをよく知ること。たとえば、誠実そうなイメージで作っていこうと共有しても「誠実そう」のイメージは人それぞれ違ったりしますよね。
両者の「認識のズレ」をできるだけなくそう、ということを常に意識しています。

— 今後の展望について

いまの自分には全く満足できていません。
いつしか、自分が誇れる作品をつくりたいと思っています。
自分のなかで、終着点をしっかりと見定めて、頑張っていきたいと思います。

10856608 769454333134869 5064409544216512973 o-579x386

編集後記

小学校のころから、ヘアメークアップアーティストに憧れています。
そんな何気ないひと言に彼女の素直さと、どこかに隠し持っているであろう負けん気を感じました。
小学校から憧れ続けて、努力している。
そんな綺麗で純粋に聞こえるストーリーには、幾多にも渡る壮絶な葛藤があったんじゃないかなぁ、と。

それでもなお「純粋に嬉しい」「好きだ」という気持ちを大切に突き進む彼女を、私は素直に応援し続けたいと思います。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page