未来を作る学生インターン主導チーム。

【ハシゴ業界研究】冠婚葬祭業界

こんにちはインターン生のなおとです!

今回も【ハシゴ業界研究】を進めていきたいと思います!

今回は【冠婚葬祭】業界です。

 

冠婚葬祭業界って??

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

『冠婚葬祭』という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。しかし、意味までは知らない方も少なくないと思います。
この言葉は、人間が生まれてから死ぬまでの、さらに死んだ後に家族や親族の間で行われる行事全般を指しています。今日では単に通過儀礼の一種だとして使われています。

 

そのような意味を含んだ冠婚葬祭業界は主に二つに分けられます。

人生の中で新たな門出を祝う結婚式を担うブライダル業界。

お世話になった人を見送る葬式を担う葬儀業界の二つです。

 

『光』と『影』のように相反するもののように感じる方もいるかもしれませんが、どちらも素晴らしい儀式です。

また、2015年では出生数は5年ぶりに増加し約100万8000人。死亡数は戦後最多を更新し約130万2000人でした。

さらに婚姻件数は約63万件でした。

(参考:厚生労働省の人口動態統計の年間推計)

 

高齢化社会が進む日本の葬式数は年々増加傾向で、『ナシ婚』が増えているために結婚式数は徐々に減少傾向であるようです。

 

冠婚葬祭業界の仕事内容

二つに分けてご説明いたします

 

ブライダル業界

7b47ce96657c0b8fe167133d7fa54809_s

結婚式にまつわることすべてを担います。お客様(結婚されるご夫婦)に対し、【式の演出/ドレスの選択/日時/招待状のデザイン】などのように、結婚式の企画から運営までを全てを担います。

 

そのため、必要な資格などはもちろんありますが

⑴徹底したお客様に対するヒアリング
⑵ヒアリングを基にお客様目線の提案力
⑶お客様の思い描く結婚式を再現する力

が主な仕事内容になるかと思います。

 

葬儀業界

68f64d50e912acad323d6610a6508d6c_s

一方こちらの業界は葬式に関するすべてを担います。お客様(お亡くなりになられた方のご家族)に対し、【お通夜・葬儀・告別式のすべての手配/式の演出】と、依頼を受けてからすべてを担います。

 

そのため、

⑴儀式の徹底した礼儀・マナーを取得すること
⑵お客様の希望を徹底的にヒアリング
⑶その希望通りの演出する力

が主な仕事内容になります。

 

さらにどちらの業界も重要な素質が二つあります。

⑴チームプレー
⑵並外れた体力

⑴は結婚式/葬儀のどちらも担当者一人のみが出来るものではありません。多くの仲間(仕事仲間)が協力し合い成功するものです。そのためチームプレーが重要になります。

⑵は、お客様のご要望に休日でも対応する日が出てくることもあるそうです。そのため、これらの業界の方々は並外れた体力を必要とします。

 

売上別ランキング

ブライダル業界

1位 テイクアンドギヴ・ニーズ 
2位 ワタベウェディング 
3位 ベストブライダル 
4位 AOKIホールディングス(アニヴェルセル・ブライダル事業)  
5位 クラウディア

 

葬儀業界

1位 燦ホールディングス 
2位 ティア
3位 東京博善
4位 平安レイサービス(葬祭事業)
5位 サン・ライフ(式典事業)

 

今後の動向

冠婚葬祭業界。その中のブライダル業界は毎年就職人気でも上位に入る業界です。一方の葬儀業界を第一志望と考える方が少ないようです。しかし、近年会社説明会や合同説明会を行っている会社も多く存在します。

どのような仕事に就くか決まってない方は一度考えられても良いのかもしれません。

 

死は多分、生命の最高の発明である by,Steven Paul Jobsダウンロード

 

この言葉はiPhoneで有名なスティーブジョブズの言葉です。

様々なものを見てきた彼が言いました。

捉え方次第ではすごく前向きな仕事なのかもしれません。

 

その他の【ハシゴ業界研究】一覧

広告業界

メガバンク業界

自動車業界

ネット広告業界

ビール業界
損害保険業界
通信キャリア業界
旅行業界
総合商社
放送業界
コンサルティング業界

オススメ記事

インタビュー記事

施設紹介ブログ