HASIGOLOG

もっと多くの人を巻き込みたい!明治大学公認サークルLittle Free Campus代表 鐘ヶ江優樹が抱く想いとは!

みなさん、こんにちは!

東京ハシゴインターン生のそーまです。

今回は中野区でイベントを盛り上げる明治大学公認サークルLittleFreeCampusの代表、鐘ヶ江優樹さんにインタビューさせていただきました!

DSC 0231-e1496945602307-393x386

【人物紹介】
鐘ヶ江 優樹
明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科3年 
学生団体LittleFreeCampus 2代目代表
高校までは陸上部所属。
陸上の代わりに打ち込めるものとして、イベント運営を選ぶ。
好きな食べ物はシメサバで、趣味はアウトドア全般。

明治大学公認サークルLittleFreeCampusとは

――明治大学公認サークルLittleFreeCampus(以下LFC)について教えてください!

この団体は、2014年6月6日に設立した学生団体で、もう三年になります。

明治大学のサークルではありますが、メンバーは明大生のみならず中野区にキャンパスを置く帝京平成大学や早稲田大学、専門学校生も所属しています。

――主な活動内容は?

地域×学生の関わりを大事にし、面白おかしくをモットーに中野セントラルパークで開催される『僕等のナカノ祭』の企画・運営をしたり、『僕等のナカノ祭』の他にも中野区で行われるイベントがあればボランティアスタッフとして参加します。

あとは、中野で活動するサークルを集めて新歓交流会をしています!

学生がこの中野という街になじみ、毎日を楽しく過ごせるように街や公共団体などの人々との架け橋になることが、私たちの役割です。

C8PSpZ6VYAECLIr-686x386

――LFCが設立されたきっかけはなんですか?

このサークルを立ち上げた先輩たちは、明治大学の中野キャンパス一期生でした。
先輩もいなくて、サークルも何もなくて、文化祭すらできなかったんだとか。

そんな環境が嫌だったそうです。そこで先輩たちが思いついたのは、「他大学と合同でイベントを主催すること」でした。

そのイベントがナカノ祭であり、それを運営するために設立されたのがこのLFCでした。

学生だけじゃない!地域の自治体や企業まで、多くの人々を巻き込む『僕等のナカノ祭』

――僕等のナカノ祭とは?

『LittleFreeCampus』を中心とした中野区内の有志の学生が企画する中野の合同文化祭です。

毎年10月に明治大学中野キャンパス近郊のセントラルパークにて中野区観光協会が開催する『四季の森にぎわいイベント』との共催イベントです。

中野×文化祭×おもてなしをコンセプトに複数の大学と地域が参加する文化祭を開催し中野と繋がりが薄い学生に地域と関わるきっかけを与え、中野の住民だけでなく、区外からも多数集客し、中野の素晴らしさを世界に発信していきたいと考えてます。

ナカノ祭の名物は学生や中野で活動する人々を中心とした特設ステージイベントです!
お笑い芸人による漫才やアーティストによる演奏、ダンス、ジャグリングサークルのパフォーマンスやアイドルのライブなど、幅広いジャンルで楽しめることが魅力になっています!

MG 7269-579x386

大学だけでなく、地域の企業や自治体などと共同で開催したことで注目を浴び、朝日新聞、中野経済新聞でも記事を掲載していただいたことがあります!

――LFCを運営するうえで大変なことはありますか?

人を集めることかな、と思います。
イベントの運営もボランティアでやっていることなのでバイト以上の価値を見出してやってきてくれる子がそろうには時間がかかりました。

また、明治大学の公認サークルになったのは去年の12月のことなので、大学からの協賛金が降りなかった今までは、限られたコストでイベントが盛り上がるようなことを企画するのも苦労しました。

活動のための資金も潤沢になり、これからようやくできることが増えてくると思います。
組織の運営は本当に大変ですが、こうやってゼロから始まった団体が成長していくのを感じるとやっててよかったって思います。

S 4808878-515x386

DAADBAeU0AAiD5C-515x386

――なるほど、ボランティア活動に自分なりの好きになれるところを見つけたんですね。

そうですね。
LFCはほぼボランティア団体のようなものですが、ボランティアって聞くとすごい地味なイメージがありますよね。

でも、ボランティアっていうのは華やかさを求めてやるものじゃなくて、そこで一つの目的に向かってみんなで取り組む楽しさを感じれるものだと思うんですよ。

ボランティア自体は華やかじゃないけど、ボランティアをすることによって自分の学生生活に彩りが増すような。

みんなにもボランティアを手段として、何かの目的を達成する楽しさや、学生をはじめ多くの人々と交流する楽しさを知ってほしいです。

もっと多くの人たちを巻き込んでいきたい!!鐘ヶ江さんの掲げる夢!

――今後のLFCさんの目標を教えてください!

今は中野区だけでとどまっていますが、将来的に大学と自治体が共催する日本初の大規模文化祭イベント開催をめざしています。

そのために、今以上にもっと多くの学生や社会人の方々に歩み寄っていきたいです!

自分の学生生活に胸を張れる人になれ!

――最後に、学生の皆さんに伝えたいことはありますか?

せっかく高いお金を払って学校にきているんだから、学生生活は楽しまないと損だと思います。

勉強に打ち込んだっていいし、バイト三昧でもいいし、飲んだくれの毎日でもいい。

自分の学生生活を両親や将来できる子供にしっかり語れるような、最後に「―それでも、楽しかった。」と言える価値ある時間を過ごしてほしいです。

鐘ヶ江さん、ありがとうございました!

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page