未来を作る学生インターン主導チーム。

『突き抜けている人材は、影で圧倒的な努力をしている』 株式会社LOCUS 代表取締役 瀧 良太

学生時代に様々な経験をし、現在株式会社LOCUSで代表取締役に就任されている瀧良太さんに株式会社LOCUSの魅力と特徴、またベンチャー企業で成果を出せる人材についてお聞きしました!

まずは人物紹介から!

<人物紹介>

 

瀧 良太(たき りょうた)

株式会社LOCUS 代表取締役 1983年10月4日 神奈川県川崎市生まれ 学生時代より、宝石や海外ブランドショップなどのビジネスを手がけた後、就職支援団体を立ち上げ、 企業20社・学生500人のイベント、社長講演会など数々のイベントを実施し、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。 大学卒業後、2006年に株式会社ビー・スタイルへ新卒入社。入社1年目に動画関連事業を立ち上げ、2007年マネージャーに就任。 2010年株式会社ビー・スタイルから動画事業の事業譲渡を受け株式会社LOCUSを設立。

 

<会社紹介>

株式会社LOCUS

URL:https://www.locus-inc.co.jp/

 

本日はよろしくお願いします!

 

瀧さん

よろしくお願いします!

 

越えるべき壁は「常に」高くなっていく

まずは、LOCUSの事業の概要について教えてください!

 

瀧さん

一言でいうと、『動画を起点としたコンサルティング事業』です。
これまでの動画制作と動画マーケティングの知見を強みにクライアントの課題解決をお手伝いさせていただいております。

BtoC企業、BtoB企業問わず、大手企業から中小ベンチャー企業まで約1,000社以上の企業とお取引がございます。

 

他にはどんな事業があるんですか?

 

瀧さん

Fast Video』というBtoB向けの動画制作アプリもリリースしています。(URL:http://fast-video.com/)

Fast Videoはお客様自身で動画や静止画の撮影をしていただき、そちらをテンプレートに当てはめることで誰でも簡単に動画が制作できるアプリです。

楽天様の楽天市場や大手アルバイト求人メディア様など複数の企業様にご利用いただいております。

 

サービスの特徴やこだわりはどんなところですか?

 

瀧さん

書類選考と面接で厳選をしたフリーランスの動画クリエイターを600名以上ネットワークしていますので、制作できるクリエイティブの幅が広い点です。実写はもちろんアニメーションや3DCGにも対応できます。

また、クリエイターがそれぞれ得意とする内容の案件にアサインをするので、彼らの強みを存分に活かした動画が制作できる点です。

 

また、LOCUSでは動画の制作をするだけではなく、ヒアリングやリサーチを通して課題を明確にし、課題解決に向けた取り組みを動画を中心に行っています。

さらに、結果に基づいた改善策までご提案させていただくという点にこだわりを持っています。

 

どうして実績を残せたのでしょうか?

 

瀧さん

創業当初は『新卒採用の支援』という、自身の就職支援団体で培った経験や前職の顧客アセットを活用できる領域から始めた点がよかったと思います。

新卒採用の領域も動画制作は、主に求人メディアを運営する企業が代理店として一次受けをし制作会社に依頼する下請け構造が一般的なのですが、私たちは、ほとんどの案件で企業と直接取引をしていたので、価格優位性を強みとして発揮することができました。

 

今まで会社がぶつかった最も大きい壁はどのようなものでしょうか?

 

瀧さん

結論から言うと、

『壁の高さは常にアップデートされている』

と思います。

近年、動画というマーケットがより注目されてきて、色々な競合プレーヤーが増えてきています。

その中で、新しいことにチャレンジしようとすれば、自ずと越えるべき壁は高くなっていますね。逆に、守りに入ろうとした時に壁は低くなると思います。

 

動画マーケットが伸びている状態での現状維持は後退を意味するので、

これからもどんどんチャレンジして行こうと思っています。

 

「相手のことを知る」大切さ

瀧さんは、どんな学生時代を過ごされていたんですか?

 

瀧さん

大学1年生の時から週6日で仕事をしていました。仕事が生活の基盤でしたね。

色々な大人の方とコミュニケーションをとる生活をしていたと思います。

 

1年生から仕事ベースの生活だったんですね!具体的にはどのような仕事をしていたんですか?

 

瀧さん

会員制の宝石屋さんで宝石を売っていました。成果報酬型の仕事でした。

当時は、結果を出した分だけ稼げる仕事がしたいと思っていたので、お金を稼ぐ目的でやっていたと思います。

 

いつ頃まで宝石の仕事をやられていたんですか?

 

瀧さん

3年生の始まりくらいまでやっていました。

ずっとその仕事をやっていくつもりではなかったので、視野を広げてみようと思って、3年生の時から就活を始めました。

 

瀧さんはどういった就職活動をしていたのですか?

 

瀧さん

当時は、明確にやりたいことが自分になかったのですが、

(1)3年で新規事業を立ち上げ独立をするというキャリアプランを受け入れてくれる

(2)年功序列ではなく競争原理が働いている

(3)経営陣が尊敬できる

 

の3つを軸に企業を見ていました。

 

その中で、最終的には同期も入れて30人もいないくらいのベンチャー企業に、新規事業担当として入社をしました。

 

最初に30名のベンチャーに入ることに不安は無かったんですか?

 

瀧さん

「当時はスタートアップの規模でしたが、この会社でいいのか?」という不安は特になかったです。

というのも、営業がすごく好きだったので、もし1人になっても何とかなるなぁという自信がありました。

取り扱う商材が「人材」でも「広告」や「動画」「宝石」「ソーラーパネル」だとしても、営業に必要な知識や手法は異なりますが、営業としての根本はどれも一緒だと思っています。

 

どうして、新卒で入社された当時にそのような自信があったのでしょうか?

 

瀧さん

学生時代に働いていた宝石屋さんでの経験によって、営業力が培われた部分が大きいかなと思います。

 

宝石は嗜好品なので、価値を感じていただけないとご購入までは至りません。

ですが、その価値を感じて頂いた場合、数百万円の宝石を現金でご購入いただく方も沢山いらっしゃいました。

宝石に価値を感じて頂くことはもちろんですが、販売スタッフへの信頼感も大切な要因となります。

個人として信頼を頂くためには、そもそも40~50代の女性のライフスタイルやトレンドを知らないと会話にすらなりません。

 

普段の生活では触れない情報なので、意識的に40~50代の女性のライフスタイルやトレンドに関して調べたり実際に体験することを行うようになりました。

 

そのようなインプットが増えるにつれてお客様と深いお話ができるようになり、信頼関係が構築できるだけでなく、相手が何を欲しているのかの仮説を立てることができるようになってきました。

 

まずは「相手を知る」ことが大切なんですね。宝石屋さんでの経験が、仕事にはどう生きているのでしょうか?

 

瀧さん

宝石屋での経験で、インプットの重要性と相手が何を欲しているのかという仮説を立てることの重要性を学べたと思います。

今の仕事でも一緒でして、まずはクライアントの事をクライアントより知るという点が重要だと考えています。

 

「クライアントのことを知る」というのは、事業内容やマーケット情報、競合などだけでなく、社内の決済フローや、担当者の方のミッションや立場、決裁者の方の性格なども考える必要があると思っています。例えば、決裁者の方の性格に合わせて提案書の作り自体も変えるようにしています。

 

そのようなことを含めて「相手のことを知る」ことを怠ると、そもそもクライアントと会話ができないですし、仮説を立てることすらできないので、結果的に良質な提案をすることが難しいと思っています。

 

ユニークに突き抜けるには、「人と違う努力」をすること

『ベンチャー企業で成果を出せる人』には、どんな特徴があるでしょうか。

 

瀧さん

『圧倒的に努力できる人』だと思います。

僕は、すごい天才なんてほとんどいないと思っていて、

すごい成果を残している人は、絶対に陰で努力している

と思います。

 

例えば、イチローのような一流選手だって、影でものすごい努力をしていますし、さらにそこで満足しないというのも大切なことだと思います。

 

「努力」というのは、量をこなすということでしょうか?

 

瀧さん

もちろん量も大切だと思います。ですが、ただ量をこなすだけではダメです。

量をこなしても、普通の人と同じことをやっていては、そこまで差はつかないと思います。

人より成長したいと思うのであれば、人と違う努力や取り組みをすることが大切だと思います。

 

人と同じような活動だけで終わらないからこそ、その人のユニークさが出てくると思います。

 

確かに、他の人も努力していると考えると、普通の人と一緒の努力をしても、質を変えたり量を圧倒的に変えたりしないと差がつかないかもしれないですね。

 

瀧さん

時には量をこなすことも大切ですし、目の前の仕事ばかりしていると価値観が凝り固まってしまうので、インプットの幅が減らないように自分でコントロールすることも大切だと思います。

インプットの質が、結果的にアウトプットの質に変わってくると思います。

 

最後に、起業を目指している学生にメッセージをお願いします!

 

瀧さん

起業すること自体はとても簡単です。

だからこそ、「どうして起業するのか」を明確にすることが大切だと思います。

世の中を変えたいとか、事業をバイアウトしてお金持ちになりたい、

とか理由は何でもいいと思うのですが、「起業したいから起業する」はやめたほうがいいと思います。

 

ただ、学生時代の起業にはリスクがないと思うので、個人的には深く考えずに、まずは起業という形でもいいと思います。

ただ、「起業したから偉い」「社長だから偉い」なんてことは一切ないと思っているので、そこは間違わないようにしてほしいですね。