21卒向け アナウンサー就活について part1

こんにちは、ハシキャリ運営担当でございます。

 

本日は「アナウンサー就活」について書きたいと思います。

 

なんでアナウンサー?と思うかもしれませんが、実はもう21卒のアナウンサー就活は既にスタートしているのです・・・

 

まだインターンや本選考は始まってないですが、アナウンサー就活って想像以上に長期間の準備が必要なんです。

 

そこで本日は、多くの方が疑問に思っているであろう「アナウンサー就活のリアル」を探っていこうと思います!

 

アナウンサー就活の時期

 

まず、アナウンサー就活には大切な時期があります。

 

それは、夏に開催されるキー局のインターンです。これを皮切りに、準キー局・地方局のインターンが開催され、秋頃より随時本選考がスタートします。

 

いや、インターンって行かなくても良くない?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、アナウンサー就活においては書類を通過し、インターンに行かなければ不利な状況に置かれることがあります!

 

なぜかと言うと、一部の局ではインターンで良い成果を残した方向けに「上級セミナー」たるものを開催し、そこでも上手くいけば内々定がもらえるとうケースがあります。地方局を志望されている方も、キー局のインターンで腕試しをすることが多いです。

 

そのため、アナウンサーを少しでも考えている方はインターンに応募されることを強くオススメします!

 

ちなみにアナウンサーのインターン時期ですが、20卒学生は以下のようなスケジュールで進みました。

 

①テレビ朝日

開催日時:2018.5.20[日]

応募〆切:2018.5.14[月]

 

②日本テレビ

応募〆切:2018.6.6[火]

開催日時:2018.6.16-17[土日]

 

③フジテレビ

応募〆切:2018.7.17[火]

開催日時:2018.8.1-2[水木]

 

今年はどうなるか分かりませんが、毎年大幅なズレはないのでそろそろ準備が必要です・・・

 

アナウンサー就活の対策

 

ではアナウンサー就活にはどのような対策が必要なのでしょうか?

 

まずキー局のインターンや本選考は書類選考があります。実はここでかなりの数に絞られてしまいます・・・

 

そんな書類選考ですが、応募するにあたっては以下の準備が必要です。

 

①写真(A4一枚に写真を2-4枚並べるケースが多いです。全身写真も必要になります)

 

②動画(30〜60秒で自己PR、自分が出演したい番組とその理由など)

 

③ES(自己 PRや志望動機などを直筆で書く場合が多いです)

 

写真は日常生活(サークルや旅行、アルバイトなど)の様子を撮り溜めることが重要です。恥ずかしいかもしれませんが、自分が活動中の写真を友達に撮ってもらうor三脚を使うなどして自分で撮る習慣をつけましょう!

 

書類が通過する方、内定する方の多くは数百枚の写真から選択、提出しています。

 

ESや動画ですが、こちらは実は写真以上に個性が出る箇所です。

 

特に動画は、アナウンサーという職業上、滑舌や言い回しにも気を配らなければなりません。口の開け方や敬語表現など、まずは自分で動画を見て、不快感のないように工夫をしましょう!

 

また、話し方だけではなく、撮る場所や内容も考える必要があります。

 

例えば、部活の方だったらユニフォームを着てグラウンドで撮ることは1つ手段でしょう。自宅で撮る方も、特技を披露する・印象に残るネタを用意するなど、淡々と数十秒が経過しないよう努力しなければなりません・・・!

 

それでは、

・これらの書類をどのように工夫すれば通過できるのか

・過去受験した方はどんな動画で合格したのか

・書類通過後はどのようなテストを受けるのか

については次回の記事に書こうと思います!!