【大激論!!】結局、学生は面接で本当のことを伝えるべきなのか

就職活動真っただ中のみなさん、あけましておめでとうございます!もーりーです!ところでみなさんは、面接で本当のことを伝えていますか?

 

 

「もちろん!」っと言っているあなた。ここだけの話、本当は少し盛ったりしてるんじゃないですか?例えば、課外活動での定量的な成果を2倍にしてみたり副部長を名乗ってみたり、あるいは本当は思ってもいないような志望動機を話していたり。このように自己の体験や志望動機を盛って、あるいは変えて話すという行為を就活生はしがちかもしれない。

とは言え、自分が受かるためにアピールに必死になるのは当然のこと。周りの就活生が話を盛って自己アピールする中、自分だけが自己の体験や思いをそのまま伝えると損をしそうです。

今回は、個人的にも興味のある「結局、学生は面接で本当のことを話すべきなのか」という命題に対して記事を書いていこうと思います。

 

面接で本当のことを伝えるべき派 vs 受かるためなら盛ってもいいよ派

 

「就職活動はマッチングです!本当のことを伝えて落ちたらいいんですよ~あははは」

そうか、就職活動はマッチングなのか。企業と学生が相思相合(本来は相思相愛であるが、ここでは”合”を当てたほうが適切かなと)の関係で採用されることが理想的なのは間違いない。就活生が真実を話さずに採用され入社すると、企業・学生ともに不幸になるかもしれない。

恋愛でも一緒だ。(恋愛経験の少ない筆者の推測によると)付き合った後に異性の思うわぬ一面をみてしまい幻滅だなんてことはよくあることだ(たぶん!)。そうであるのならば、就活生、企業ともに真実を話すことが好ましいだろう。

しかし、本当にそうなのか?

事実や思いをありのまま企業の人に伝えて、無い内定なんてことになったら、わしの人生どうしてくれんじゃい!というお話だ。ありのままを伝えて選考に落ちると、学生からしてもショックは大きいものである。もーりーは不安だよ、怖いよ。。。

 

*筆者はここまで太ってはいません。

 

や、や、や、やはり、ここはばれない程度に事実や志望動機を少し盛って、各企業にとって魅力的な自分を演出した方がいいんじゃないのか。(この記事が企業の方に読まれていないことを祈るばかりである。)

 

受かるためなら、俺は悪魔にも心を売るぜぇぇぇぇぇぇ。ひゃーーー。

 

とは言っても善意が痛むという方には、ここで2つの提案をさせていただきたい。

 

嘘をつくのではなく、伝え方を工夫する

提案の1つ目は、事実に反することを企業の人に伝えるのではなく、同じエピソードでも受ける企業に合わせて伝え方を工夫するということです。

私は先ほどまで「本当のこと、真実を話す」の対義語として、「話を盛る」という表現を用いてきました。*話を盛る:内容を適当に誇張することを意味する語。(出典:実用日本語表現辞典)

やはり、嘘をついてまで自分の学生時代の体験を魅力的に見せようとしたり、志望動機を確からしくするのことはよくないことでしょう。それは先ほどふれた通り自分のためにも。そうではなく、エピソードの解釈を変えるのだ。

例えば、あなたが部活をやっていたとしよう。そこで発揮されたあなた強みやあなたが得た学び、あるいはそこから生まれる将来やりたいことは必ずしも1つではないはずである。

企業ごとに求める人材像や志望動機は多かれ少なかれ違う。嘘をついて話を盛ったりするのではなく、あなたの体験、エピソードを解釈し、そこから各企業ごとにささる言葉を言語化すればよいのである。

 

「受かるフェーズ」と「決めるフェーズ」を分けて考える

 

もう1つの考え方は、「受かるフェーズ」と「決めるフェーズ」を分けて考えてみることです。「受けるフェーズ」とは「どうやったら選考に受かるのか?」に関して情報収集し、考えるフェーズです。一方で「決めるフェーズ」とは、「内定をもらった企業のうち、どの会社に入社すべきか?」という入社の軸を決めるフェーズです。

つまり「受かるフェーズ」の時は割り切って、どうすれば自分がこの企業から内定をいただけれるのかを考えることに集中しましょう。マッチングの話はその後の「決めるフェーズ」で考えれば良いのではないでしょうか。

外資やベンチャー企業の選考を受けている人はもう少し早いかもしれませが、このフェーズが変わるのは一般に6月以降。論点を分解することで、頭の中が整理され、思考が整理しやすくなるでしょう。

 

まとめ

なんか書いててややこしくなってきたので、最初の命題に戻って整理しましょう。

Q.結局、学生は面接で本当のことを話すべきなのか?

答えは、Yesです。ただし条件つきです。

①伝える内容の事実は変えないが、伝え方は各企業ごとに変える

②「受かるフェーズ」の時は、受かることを優先して考える

 

長々と書いて参りましたが、就職活動につきましては他にも様々な考えがあるかと思いますのであらかじめご了承ください。

就活は楽しんだもの勝ち!2018年、素敵な1年にしましょう!(*^^*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、もーりーでした!

 

関連記事

悩んでいる時間があれば行動しよう!福岡から世界を目指す社長に就活相談してみた!?

 

【就活面接】意外と難しい「学生時代に一番頑張ったことは何ですか」の真相は?

 

【ダブルワークのパイオニアになる!】タレント兼キャリアウーマンの馬郡沙奈さんインタビュー