HASIGOLOG

「絶望って本当に怖いっす。」絶望から這い上がり、熱く走り続ける【MOZZ TOKYO】望月勇哉の夢とは!?

今回はハシゴ経由で「株式会社渋谷クリップクリエイト」でインターンをした後、新子会社「株式会社 MOZZ TOKYO」の立ち上げ時からインターン生として働いている望月勇哉くんにインタビューしました。

⇩望月くんHIP HOP ver. 手に持っているのはロールケーキです。 16443968 1856102658000400 197762745 o-375x500

【人物紹介】
望月勇哉
慶応義塾大学3年生。
大学3年生の6月よりサイバーエージェントグループ渋谷クリップクリエイトでインターンを経た後、
サイバーエージェントグループ新子会社「株式会社MOZZ TOKYO」でインターン生として活躍中。

やることがなくて、情熱を捧げられるものが欲しかった

ーーインターンする前は何をやってたんですか?

⼤学 1 年⽣の時は慶応ソッカー部(慶応サッカー部のこと)に⼊ってました。
2年⽣からは、ソッカー部をやめて最初の2ヶ⽉間は留学を⽬標に、ずっと英語を勉強していました。

ですが、それ以外に何もやることがなかったので「よし、インターンしよう!」と 思いました。

※実際は海外行くのにビビってたし、とりあえず大学2年生でインターンしてる学生はなんとかなると思っていました。

ーーいきなり留学からインターン!?

当時やる事がなさすぎて、何をやったらいいかわからなかったんです。
ずっとサッカーをやってきていたので、サッカーのような情熱を捧げられるものが欲しかったんです。

ーーなるほど。最初はどんなインターンをしていたんですか?

博報堂のインバウンドメディアを運営していた⼦会社で、8ヶ⽉間くらいインターンをしていました。
でも実際は何もやってないですよ。

上司の方々の外出についていったり、 ⾔われた業務をひたすらやるだけでした。
でも、「これじゃいかん!」と思ってムラムラしてました。

S 4112389-500x375

渋クリでインターンを始めて、現実を突きつけられた

ーーその後は?

エンタメプロデューサーになりたい!と思って(錯覚してただけです)、丁度立ち上がったAbemaTVなどにも興味があって、 CyberAgent の知り合いを探しまくりました。
そして偶然出会えた池さん(元 ハシゴインターン⽣)にハシゴを紹介してもらって受けました!

ーーその後渋クリでインターンしてみてどうでしたか?

初めて現実を突きつけられた感じでした。

最初は渋クリでもぬるま湯に浸かってたと思います。
気づかないうちに、自分を意識高いできるやつだと思い込んで、夜遅くまで残ったりしてやる気あるアピールしたりしてて。

でもなかなか仕事を任せてもらえなくて、心がブレブレでしたね。

「なんでもやります」って言ってたけど、内心で「結果出なかったらどうしよう」って超ビビってました。
何もできない自分に自分も気づいてたし、周りもわかっていたと思います。

ーーなるほど。

そんな時にCyberAgentの短期サマーインターンがあって、参加しました。
でもそこでも変なプライド出ちゃって、全然結果でなくて、ボロボロでした。

自分に誇れるものが欲しい。そのためにも今は走り続ける!

ーーその後どうやって変わっていったんですか?

「環境を変えたい」と思って、いろいろな⼈に相談してた時、たまたま上司の ⼤岩さん(MOZZ TOKYO 代表取締役)に⾯談していただいて、叱咤激励され たんです。
自分が何もできない人間だと認識して、絶望的でした。
絶望ってほんとに怖いっす。

そこで、すでに大岩さんがMOZZ TOKYOを立ち上げることが決まっていたので、お願いして覚悟を決めてついて⾏こうと決めました。

ーーMOZZ TOKYOとは?

WEB動画に特化したクリエイティブ・プロダクションです。 主に動画広告の制作やAbemaTVの映像制作関連をやっています。

S 5545993-500x375

ーーどのくらいの覚悟でしたか?

直感で大岩さんについていこうと決めたんですけど、もうこの環境で自分を変えることができなかったら、これから⼀⽣ダメな気がして。

ーーもしインターンをしていなかったらどうしてたと思いますか?

海外に逃亡してたと思います。笑

でも僕は海外に行って何がしたいとかでもなく、海外に行くことがかっこいいと思って行きたかっただけなので、結局プライドとか外見だけを気にする奴になってたと思います。

ーー今後の目標を教えて下さい!

直近ではMOZZ の役員になるって決めてます。

あと⾃分で純粋に誇れるものを作りたいです。

今までの20 年間振り返ってもそれがなくて、コンプレックスで。
それを隠すためにインターンとか海外留学とか で繕おうとしていたのかもしれないです。

⾃分が自信をもてるものを⾃分の中に蓄えていって、それを120%だせる愚直に⾛り続けられる⼈になりたいです。

また将来的には僕にとっての大岩さんだったように、人の人生に影響を与えれるようなやばい人間になりたいです!!!

ーー望月くん本日は熱いお話ありがとうございました!

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page