未来を作る学生インターン主導チーム。

ちょっぴり天然?医学部生でありミス筑波大学にも輝いた才色兼備1年生の橋本茉奈さんに取材してみた!

みなさんご存知でしょうか。

実は筑波大学にもミスコンテストは存在するんです!

今回は医学部でありながらも見事ミス筑波に選ばれた橋本茉奈さんに、出場までの経緯や普段の学園生活、筑波大学の魅力についてお聞きしました!
筑波大学から渋谷オフィスまでかなり距離があるにも関わらず来て頂き本当にありがとうございました!

 

ーー本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

 

見られていることを意識するように

s__17072139

ーーまずは自己紹介をお願いします!

自己紹介…そうですね。私立フェリス女学院高校出身、

筑波大学医学群医学類1年次1年の橋本茉奈です…!

こんな感じで大丈夫でしょうか?

 

ーー完璧ですよ!笑 。コンテストに参加したきっかけは何だったんですか?

ミスコン運営の友達の誘いです。最初は出ようと思っていませんでしたが、

何度かミスコンに出るとウェディングドレスを着られるよ??などと話を聞くうちに、

これ、もしかしてアリなのでは?

と思いました。

そして、n回目に 出てくれるよね??と聞かれた際に

イイヨー(^O^)と言いました。

 

ーーn回目ですか笑。出場に対して不安とかはありませんでしたか?

不安はたくさんありました。なかでも、宣材写真(?)が

ミスコンの公式Twitterで公開されたときは、

自らがフリー素材と化したショックがすごかったです。

公開が夏休みだったので、叩かれそうだな…と思い

夏休み明けは学校に行きたくありませんでした。

 

ーーなるほど。親からの反対は無かったんですか?

ありませんでした。むしろ母親は、わたしがウェディングドレスを着る機会はないものだと諦めていたようで、

出場しなさい!

これ逃したらもうウェディングドレス着れないよ!

と言ってましたね。(笑)

 

ーー参加するにあたって苦労したことや大変だったことは何ですか?

いろいろありますが、

一番はTwitterを宣伝に使うようになったことにより、

両親や親戚にTwitterのアカウントがばれたことです。

「絶起」( 絶望の起床 )みたいなツイートができなくなりましたね。笑

 

ーーそれは辛いですね…笑。新しいアカウントを作ろうとは思わなかったんですか?

ミスコン用にアカウントを作ることはしませんでした。

アカウントの切り替えみたいな器用なことは私にはできないと思ったので!

 

逆に、これを良い機会にツイートを綺麗にしようと思いました!

 

ーー素敵な発想ですね!実際ツイートは綺麗になったんですか?

はい、綺麗になりました!(多分)

Twitterで不平を言わなくなった分、現実世界での不平が多くなった気がして心配です笑

 

機材トラブルが功を奏した!?

s__17072140

ーー逆に、参加してよかったことは何ですか?

ミスコンに参加したことで、人前に出る度胸や勇気がつきました!

大きなステージで披露したりもするので。

 

あと出場に当たって色んな人と知り合うので、新しいお友達もたくさんできましたね!

 

ーーミスコンに参加したメンバーはみんな仲が良いんですか?それともライバル関係で仲が悪かったりとか?

みんなとても仲良しです!

1人は宿舎の同じ階に住んでいたのでミスコンの前から友達でした。

私の部屋がシャワー室(1回100円)に近かったので、

その子がシャワーに入る時に50円玉 2枚を100円玉に両替したりしてました!

とてもどうでもいい話ですみません!

 

ーーいえいえ!笑。自分で「ここが優勝に繋がった」と思うところはありますか?

本番のステージでは、全身を使わないと遠くの人まで伝わらないと思ったので、永野さんのゴッホとピカソに捧げる歌(ゴッホより〜、普通に〜、ラッセンが好き~ というやつ)をやりました。

でも打ち合わせ不足と機材トラブルで、本当なら止まるはずのタイミングで音楽が全然止まらなくなってしまって…パニックになりました(^O^)

それを見てかわいそうだと思ってくれた方が同情票を入れてくれたんだと思います。笑

 

ーー参加する前と後で生活が変わった部分は何ですか?

メガネとジャージで学校に行けなくなりました!笑

一応出かける時に「とりあえずコンタクトは入れよう」と思うようになりましたね。

人から見られるかもしれないということを意識するようになったことは、自分にはとても良いことだと思います!

(後日談:結局数回、試験前はメガネにジャージで学校に行きました。ごめんなさい。)

 

総合大学ならではの魅力

s__17072141

ーー筑波大学に入学を決めた理由は何だったんですか?

筑波大学には医学部の推薦があるというのを高校三年生の時の担任の先生に教えてもらいました。

体育と国語がどうしても足を引っ張るので、その分ほかの科目を頑張り、推薦に必要な平均評定4.3をなんとかクリアできました。

 

ーーなぜ医学部に進学しようと思ったんですか。

生物が好きで中学・高校と生物部に所属していたので、ごく自然に、先輩もよく進学する生物系か医学系の学部に進もうと思いました。なかでも医師は親戚にもいるので身近でした。

 

ーー生物部だったんですね!どんな活動をしていたんですか?

土壌の調査やクマムシを使った実験など、年によって様々なことをしていました。

土壌の調査では、ツルグレン装置という装置を使って土の中にいる生き物を採集し、この土の中にこの生き物がいたら何点、この生き物だと何点。みたいに土壌動物を点数化し、その合計点で自然の豊かさをしたりしました。あとは豚の解剖とかもしていましたね。

 

ーー結構ハードなことまでやるんですね…汗。筑波大学では普段どんな大学生活を送っているんですか?

友達を家に呼んでみんなでパエリアとか作ったり鍋を囲んだりして楽しく過ごしています。

高校時代、調理実習では手打ちうどんやブッシュ・ド・ノエルなどを作っていたので、1人暮らしを始めたころは、一般的な料理を作るのに苦労しました笑

 

※ちなみに↓がブッシュ・ド・ノエル。

imgp5249

ーー入学後に気づいた筑波大学の良さは何ですか?

ミスコンに参加した時も感じましたが、筑波大学は総合大学だからこそ色んな分野の人と関わることができます。

普通の大学は理系・文系でキャンパスが分かれていたり、学年によってキャンパスが分かれていたりすることが多いと思いますが、筑波大学は全ての学生が一箇所にまとまっているので、色んな学部・学年の方と仲良くなることが出来るのが魅力です!

 

ーーなるほど!最後に今後の目標を教えてください!

まずはフル単です!笑

 

あと、ミスコンに挑戦したことで、良いこともたくさんありましたし視野が広がる良い経験になったので、これからも様々なことに積極的にチャレンジしていきたいと思います!

 

ーーこれからも頑張ってください!橋本さんありがとうございました!
ありがとうございました!

 

おすすめの記事

吉田ももみさんインタビュー。「本当は泣きそうなんです」ミスコン出場、専属読者モデルさらには起業まで!吉田ももみさんの素顔に迫る。

 

『最速で突き抜けたい!!』学生アルバイト時代に社長と二人で新規事業を立ち上げた近藤理紗さんに聞く!!!

 

坂口莉果子は全力です!ミスティーンジャパングランプリ!GTO出演女優!慶應SFC生!から学ぶ強く生きる3つのコツ!