未来を作る学生インターン主導チーム。

19歳にして起業家!スマホで気軽に教養が深められるちゃう画期的なサービス!

今回は中国くんを取材させていただきました!

すごくしっかりしていて自分を持っているなと感じました。

それにしても私と同じ19歳にして起業家なんて驚きです😲

中国 奏人(なかぐに かなと)日本全国の大学・学部の学びを、30秒で得られる教養学習サービス「Serecata」(https://www.serecata.biz/)の起業。
国学院大学2年。

 

世の中の役にたちたい!!

–こんにちは!本日はよろしくお願いします!

お願いします!

 

–まず初めに、二社でインターンをしていたということですがきっかけは何だったのでしょう?

大学に入って5月くらいから、起業をしようと思って始めました。

 

–それは何で思い始めたんですか?

僕自身18年間サッカーをしてきて、高校3年間は寮に入って全国大会目指したりするほど、本気でサッカーをしていました。

世の中で起こっていることなど気にせず暮らしていましたが、大学に入って周りを見渡した時、いろんな問題があって、他人事では済まされないと感じました。

そして、自分が少しでも問題を解決したいと思うようになりましたね。自分で事業を起こしてビジネスとして成り立たせつつ世の中で多くの人が幸せに暮らせるようなことをしたくて、起業をしようと思いました。

–なるほど。サッカーをしていたじゃないですか。燃え尽き症候群的な事はあったんですか?

正直それはなくて、大学でもサッカーをやろうと思っていたんです。

しかし、サッカーを引退して離れてみて、自分の今後について考えながら周りの世の中に触れていく中で、大学4年間で何をしたいんだろうかと考えました。そして、もっともっといろんなことにチャレンジしたいと思い、サッカーをやめました。

30秒で得られる教養学習サービス

–新しいフィールドとしてビジネスに興味を持ったということですね。

「Serecata」 はどういうサイトなのかまず読者の何も知らない人に説明するとどんな感じになりますか?

一言で言うと、日本全国の大学の学びを1テーマごと30秒で学べる教養学習サービスになってます!!

 

–なるほど。「Serecata」の由来は何ですか?

セレンディピティカタリストを合わせてSerecataです。

セレンディピティとは偶然の一致。カタリストは触媒と言う意味なんです。

30秒で幅広い学問分野を学ぶことで、点と点が繋がるようにセレンディピティ」と、いろんな学問を化学反応させる場であるように「カタリスト」の二つを合わせました。

 

–今後これはどのようにしていきたいですか?

コンテンツを増やしていって具体的な数値で言うと高校生の25万人、大学生30万人、社会人500万人の人が使ってくれるようなサービスにしていきたいですね。

 

–ここに至るまでに大変だったポイントは何かありますか?

開発の部分ですね。プログラミングをあまり知らなくてアプリを作ったのはいいんですけどサーバーに置くのも苦労しました。機械周りのことを全然やっていなかったのでそこは一番大変でした。

 

–そうだったんですね。最後に読者に対してアピールしたいことってありますか?

はい。学びって言うとすごく堅苦しいイメージと言うものを持っている方って多いと思うんですけど、SerecataはTwitterやFacebookを眺めるかのように。またネットサーフィンをするかのように手軽に教養を深められるサービスです。新しい学びの形として、使ってください!!

 

–それでは、中国さんありがとうございました!!

ありがとうございました!

 

実際にSerecataを使ってみて!

中国くんに熱く語っていただいて、どんなサービスなのかを知る手っ取り早い方法は試すことだと思い、使ってみました!!

本格的な大学の講義を少ない文字数で読めるので、本当に30秒で学べちゃいます!!!

しかも、内容が深い!

電車に乗っているときやちょっとした空き時間に気軽に学ぶことができるので本当に便利だと思いました!

皆さんも是時使ってみてくださいね!!

まとめ

中国くんは何度も言いますが、大学二年生とはとても思えないくらいしっかりしていて、とても話しやすく気さくな方でした!

Serecataについて語る時の生き生きとした感じは魅力を感じましたね!

彼の今後に期待です!!