未来を作る学生インターン主導チーム。

【新たな働き方】ノマドワーカー

ノマドワーカーという言葉を聞いたことはありますか?
最近耳にすることが多くなったこの言葉は一体どういう意味なのでしょう?

ノマドワーカーとは?

「ノマド(Nomad)」とは英語で”遊牧民”を意味します。

つまり、ノマドワーカーとは、1つの職場にとどまるのではなく、遊牧民のように拠点を移動しながら働く人のことを意味します。
仕事のスタイルのことを指しており、自身が企業とどういった関係を結んでいるか、正社員であるかどうかは関係ありません。

フリーランスと同じ?

一見フリーランスのようですが、フリーランスとは異なるものです。
ノマドワーカーは仕事のスタイルの一つであり、フリーランスは仕事の契約形態の一つです。

フリーランスは、正社員として特定の企業に所属せずに、単発の仕事として様々な仕事を企業から請け負う契約の形のことを言います。

どんな職種が向いているの?

ノマドワーカーとして働ける職種の代表的な例が、
・ライター
・プログラマー
・ブロガー、インスタグラマー
などです。

将来的にノマドワーカーを志すのであれば上記などの職種に関するスキルを身につけられる企業に入社してみてはいかがでしょうか。

ノマドワーカーのメリットとは?

ノマドワーカーは決まった時間に特定の場所に行く必要はありません。
パソコンがあれば、カフェなどの好きな場所で仕事をすることができます。

ノマドワーカーは納期までに納品すれば良いため、作業時間も自由に選ぶことができます。
そのため、旅行などの趣味を充実させながら、仕事に取り組むことが可能になります。

現代の働き方の多様性などから、会社や組織などに縛られない自由な働き方として、一般的に認知されつつあるため、耳にする機会が増えています。

このように自由に見えるノマドワーカーに憧れを持つ方も少なくありません。

しかし、ノマドワーカーにもデメリットはあります。

安易にノマドワーカーへなろうとするのではなく、しっかりと情報収集してから考えましょう!