未来を作る学生インターン主導チーム。

日本最年少CTO!?中学生エンジニアが開始したサービス「Ochakai」とは!?

現在「Ochakai」というマッチングサービスを立ち上げているnollさん(通称)に、サービスを立ち上げるにいたるまでの経緯、「Ochakai」の魅力についてお伺いしました!

 

まだ中学生ということですが、非常に礼儀正しく話し方もしっかりしていました!

僕が中学生だった頃は部活ばかりしていて、こういった場で取材をうけるなんて考えもしませんでしたね…笑

まずは紹介から!

14689069_326644157692468_1058729686_o

人物紹介

nollさん

中学校に通いながら趣味でプログラミングとその周辺知識の勉強をしている。
不動産系ベンチャー企業で中学二年生の頃に日本最年少(?)CTOとして様々な経験をし、
今は自ら企画運営しようと思っている「Ochakai」というプロジェクトの開発をしている。

 

サービス紹介

サービス名:Ochakai
 URL  :http://Ochakai.xyz/

〜人との繋がりを新しい形で〜
人間にとって、人との繋がりは一生物の宝物。生きているうちに見つける宝物は沢山ある。
しかし、普通に生きているだけでは見つからない宝物もきっとあるはず。
小さなアクションで大きな、そして大切な宝物を見つけてみよう。「人との繋がりを新しい形で」というコンセプトをもとに作ったOchakaiは
人と繋がりたいと思っている人同士を繋げるプロジェクトです。メイン機能のタグ検索や、その他会いたいむらいん・メッセージ機能など
Ochakaiは人と人とが繋がれる、最高の環境を用意しています。皆さんの登録をお待ちしております!

 

ーー本日はよろしくお願いします!

お願いします!

 

小学生の頃からプログラミング!?

14795909_326644161025801_512203572_o

ーー自己紹介をお願いします!

現在中学3年生です。

フリーでプログラミングをしているnollです。

 

ーーnollというのは?

ネットではnollという名前を使って活動しています。

 

ーーサービスの概要を教えてください!

「Ochakai」という名前のサービスです。

10月10日にリリースしました。近日中に全ての機能をリリースできる予定です。

内容を簡単に説明すると、マッチングサービスですね。

会いたい人に会えるようにするというのがコンセプトになっています。

 

ーー小学生の頃から起業しようと思っていたんですか?

そういうわけではないです。

小学5年生の時に3DSを買ってもらって、その時に初めてプログラミングを始めました。

小学6年生の時にはパソコンを買ってもらって、ランサーズに登録してフリーランスとして働き始めました。

 

ーー何で小学生の時にプログラミングをやろうと思ったんですか?

買ってもらった3DSを使い、ネットで大きな会社さんが運営している掲示板を見ていたんです。その掲示板上で、「自分で掲示板を作っている」という人に出会いました。

その人と掲示板上で話している中で、この掲示板はphpというプログラミング言語で作られているということを知りました。

そこで自分でも掲示板を作ってみたいと思ったことがきっかけですね。

 

ーー今は3DSでネットが見れるんですね…!プログラミングはどこで学んだんですか?

phpはネットで検索すれば色々なノウハウが書いてあるんです。

本などは読まずに、ネットの情報で独学で学びました。

 

会いたくても会えなかった

14724202_326644167692467_1378268626_o

ーーどういった経緯でOchakaiをリリースしようと思ったですか?

プログラミングというスキルがあったので、社会人の方とお会いさせていただける機会がたくさんありました。

しかし、プログラミングを始めた当初は社会人の方に会いたくても会えないという状況だったんです。

というのも、ランサーズで受託業務をしている時は学生という身分を隠して活動していました。いざ身分を明かすと「子供じゃないか」ということで相手にされないことが多かったんです。今は若い人と大人の人が出会える機会が少ないんじゃないかと思いました。

 

今のような会いたくても会えない状況を変えたい。

だったら思っている本人が作ったほうが速いと思い、Ochakaiを始めました。

 

ーーなるほど!サービスを始めるにあたって苦労したことは何ですか?

今までphpでのコーディングでシステムの開発ばかりをやってきたので、デザインをしたことが全くなかったんです。自分でデザインも全てやらなければならないので、デザインのクリエイティブ性を伸ばすのが大変でした。

 

ーー逆にうまくいったことは何ですか?

サービスを立ち上げるにあたって、色々な企業の方とお会いすることができたのが良かったです。社会人の方々から色々なサポートをしていただきました。

 

ーー社会人の方に会う機会はどうやって作ってきたんですか?

twitterで自分がやっていることを発信していました。

それに対して大学生の方が声をかけてくれたり、学生に興味を持ってくださる社会人の方から声をかけていただいたりしました。

 

ーー周りにそういう中学生っていないですよね?

僕の学校というくくりで見るといないですね。

しかしtwitterで色々な方とつながることで分かったんですが、

やっぱり同年代で僕よりもプログラミングをできる人ってすごい多いんですよ。

そういう人から刺激を受けていますね。

 

Ochakaiとは

56dad794-2884-4376-ab4d-25340abb950d

ーーサービスの機能について説明してください!

色々あるのですが、メインはユーザー検索機能です。

「プログラミング」「デザイナー」「起業家」などのワードでタグ検索すると

そういう方々を見つけることができるという機能です。

自分が会いたい方に出会えるように、タグ検索は充実させたいと思っています。

 

ーー他に特徴的なものはありますか?

会いタイムラインという機能です。twitterのタイムラインのようなものだと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

リアルタイムの「今すぐ会いたい」という人たちを繋げるものになって欲しいと思っています。リアルタイムでのことなので、データの保存期間は1日に設定しています。

 

また、プロフィールの機能を充実させようとしています。

実際に会う前に相手のプロフィールを見るだけで、相手の人柄がよくわかるようにしたい。「自分が会いたいと思っている人」に会って欲しいので、プロフィール機能の充実は必須だと考えています。

 

ーー今後やっていきたいことは何ですか?

ネットの活動だけではなく、リアルのマッチングイベント等をやっていきたいと考えています。僕はネットでのつながりを重視しているわけではないので、もっとリアルな出会いの機会を増やしていけたらなと思っています。

 

Ochakai http://Ochakai.xyz/

 

最後に

ーー同世代の中学生たちに言いたいことはありますか?

そうですね。

実際ぼくは学校外にいる方と出会うことで色々な良い刺激をたくさん受けました。

今は「会いたい」と思っていないような中学生の方も、外の世界を見たら、知ったら、「会いたい」と思う方が出てくると思います。

ネットという便利なものがあるからこそ、もっと広い世界を見てもらえたら嬉しいです。

 

ーー会いたい」と思っている人の願いを叶える。かつ「会いたい」と思っていないような人も「会いたい」と思える人が見つかる、そして出会える。そんなサービスを目指しているということですね!

そういうことです!

 

ーー素晴らしいお話を聞くことができました。今日はありがとうございました!

ありがとうございました!

 

最後は仲良くツーショット!!

14799852_326652214358329_1356151802_o