未来を作る学生インターン主導チーム。

【あなたはどっち?】 大手 VS ベンチャー 仕事内容編

こんにちは!

ハシゴ東京インターン生の平田です!

楽しかった連休が明けて、再び大学が始まりますね。。。

この時期になると、大学から一気に人が消えるので注意してくださいね(笑)

 

さて、実は、私は4月最終週にOB訪問で10人の社会人の方にお会いさせていただきました!

お会いさせていただいた10人の方々は、ベンチャー企業に勤めている方や、大手企業に勤めている方、また、大手企業からベンチャー企業に転職された方など、様々な方にお会いし、それぞれの働き方や考え方を伺いました。

 

そこで、お話して感じた『 大手 と ベンチャー の違い』についてお伝えしたいと思います。

 

今回は、【仕事内容】から大手とベンチャーの違いについて紹介します!

 

大手企業

◎大きい金額の仕事を動かすことが出来る。By 大手証券会社勤務

◎ネームバリューがあるため、商談がスピーディーに進みやすい By 大手保険会社勤務

△配属により希望職種に就けない可能性が高い By 大手メーカー営業勤務

△裁量権が狭い By 大手総合商社勤務

 

大手企業ですと、潤沢な資本金があるため大きい金額の仕事が出来ることや、ネームバリューがあるため、商品の魅力を1から説明する必要がないため、スムーズに商談が進むケースが多いそうです。

一方、「この仕事がやりたい!」又は「この人と仕事がしたい!」と思って入社しても、希望通りの配属ならない可能性が極めて高いです。また、大きな組織の中で働くわけですので、仕事で何か動こうとしたら色々な方面(部署や上司など)に許可を得ないとなりません。このことから、「裁量権が狭い」といわれています。

 

ベンチャー企業

◎好きなことを仕事に出来る By 大手保険出身ベンチャー企業、社長

◎自分の働きが会社の成長に直結しやすい By 広告系ベンチャー勤務

△研修が少ない傾向にあり、急に実践が始まる By 人材系ベンチャー勤務

△業績によって不合理な人事異動を受ける可能性もある By 人材系ベンチャー勤務

 

ベンチャー企業は、会社の規模が小さいため、「この仕事がやりたい!」又は「この人と仕事がしたい!」などの希望が通りやすいです。また、社員数も大手に比べれば少ないため、責任のある仕事や役職を与えられやすいことが魅力のひとつでしょう。

しかし、社員数が少ない分、すぐに戦力になってもらう必要があるため、研修は少なく、いきなり戦場に放り出されることがあるそうです。また、資本金が少ないベンチャー企業は、業績悪化が経営に影響しやすいことが宿命です。そのため、業績悪化により、リストラや人事異動が行われるケースもあるようです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

ベンチャー企業と大手企業、それぞれの魅力があると思います。

どちらを選択したからといって、一概に「良い」とは言い切れません。

これから就活をされる方で、どちらの道に進もうか考えている方は、それぞれの長所・短所を理解してから選択してほしいと思います!

 

以上、平田でした!