未来を作る学生インターン主導チーム。

日本の就活は狂ってる?!

みなさん、こんにちは!

3月になり、スーツを着ている人が増えていく街中の景色を見て、ある作品を思い出しました。

今回は、みなさんに1本のアニメーション動画を紹介します。

2012年度 東京藝術大学大学院映像学科 吉田まほさんの「就活狂想曲」です。

 

 

ごく普通の大学生として何となく過ごしてきた主人公。ところが近頃友人たちの様子がおかしい。聞けば、彼らは噂の”就活”に躍起になっているらしい。それが一体どのようなものなのか見極められぬまま、主人公もまた「ニッポン式就活」の渦中へと引きずり込まれて行く。

出典就活狂想曲

 

これが日本の就活?

周りの人が、就活モードに切り替わることへの戸惑い。

自分を偽るようにして就活モードに入っていく違和感。

 

合同説明会では、葬式のごとくスーツで参列し、笑顔で首を振り、メモを取る内容よりもメモを取る姿勢が目的に。

グループディスカッションでは、グループの協調が必要とされつつ、個々人で面接官に目配せのアピールを。

内々定がもらえた途端、「ごめーん、お先に!」と言わんばかりに、遊びまくり。

 

そうした心情や周囲の変化が、目や指の動きなど細かな表現から伝わってくる作品です。

 

 

ラストをどう捉えたか?

みんなと同じ表情で、マニュアルで、最終面接に挑んで、落ちてしまった主人公。

その後の行動に出る主人公の表情を、みなさんはどう捉えましたか?

 

ルールや規律は守らなければならないが、周りに流されて、自分を見失ってはいけません。

確かに、面接官にウケがいい質問や言い回しもあります。

就活マニュアルなど、大衆のことが言っていることは大まか正解で、安心できるような答えがあります。

しかし、きちんと自分自身を自分の言葉でアピールできるかどうかが、最終面接では大事になるのではないでしょうか。

 

就活とは「自分は何の為に働き・どこでそれを実現したいのか?」の第一歩を踏み出す価値のある組織を決定し、その組織とのすり合わせをするプロセスです。

当たり前だけど、他人ではなく、自分のためにすることです。

そのことだけは忘れずに、就活に取り組んでいきましょう。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。