未来を作る学生インターン主導チーム。

専務と常務、どっちが上?CEOってなに?

会社には、何百人、何千人と従業員がいる。会社とは組織であり、大人数をうまくまとめるにはどうしても縦社会の仕組みが必要になってきます。

序列があがるにつれて、その身にかかる責任も重くなる。経緯をはらい、役職を間違えるといったことはないようにしたい。

それぞれの基本的な役割、外資企業で使われるCEOやGMといった英語略の意味、役割を覚えておこう!

役職の役割と序列

国内企業の役職の役割

・会長

取締役会の会長を指す。多くは、前社長が就任。

・社長(代表取締役)

会社組織のトップ。

・副社長

社長直下の役職。

・専務

社長を補佐する役員。

・常務

日常業務の総合的管理を行う役員。

・部長

特定部門を統括する管理責任者。

・次長

部長を補佐する役職。

・課長

部内の特定の課の長。

・係長

特定業務に特化した管理責者。

海外企業の役職の役割

Chair man(会長職)

President(社長)

CEO(Chief Executive Officer)

最高経営責任者。

COO(Chief Operating Officer)

最高執行責任者。

CFO(Chief Financial Officer)

最高財務責任者。

CAO(Chief Administrative Officer)

最高管理責任者。

CIO(Chief Information Officer)

最高情報責任者。

GM(General Manager)

Managerを束ねる統括管理職。

Manager

現場を統括する管理職。

Subsection Chief

現場の一部を担当するチーフ。

まとめ

役職は責任の重さを表すと同時に、個人のプライドにも関わる重要事項なので、序列や故障には十分な注意が必要です!!

みなさん気をつけましょうね( ´ ▽ ` )ノ