未来を作る学生インターン主導チーム。

大学生にして事業責任者!?動画サービス「てのひら占い」の立ち上げに挑戦する李宝美さんインタビュー!!

新規事業に憧れる学生は多い。

しかしその中で、どれだけの学生が実際に新規事業に取り組めているのだろうか。

その数はきっと多くはないだろう。

 

思いがあっても実現するのが難しい新規事業。

しかし福岡には、そんな新規事業に実際に取り組んでいる女子大生がいる。

 

今回は「てのひら占い」という動画サービスを立ち上げた、九州大学の李宝美(イ・ボミ)さんにお話を伺った。

 

李宝美(イ・ボミ)九州大学芸術工学部芸術情報設計学科4年生。サイバーエージェント内定者。現在株式会社ハシゴで長期インターンシップ中。「てのひら占い」の事業責任者。趣味は歌うことで定期的にライブを行っている。

 

 

1分間で手軽に、どこでも手相占いを楽しむことができるサービス!

 

 

ーーーまず、読者の方に向けて簡単に「てのひら占い」のサービスについてご紹介いただけますか?

はい!「てのひら占い」とは1分間で手軽に、どこでも手相占いを楽しむことができるサービスです。主なターゲットは20代、30代の女性で、かわいらしい動画をつくることを意識しています!

 

ーーーボミさんにとって”手相占い”の魅力はどんなところでしょうか?

誰しも「当たってるかも!」のように占いの結果に共感できる部分が多いことや、「玉の輿に乗れる手相」のようなユニークなものがあることを魅力に感じています。

また、星座や生年月日は被る人が多いと思うのですが、手相は1人1人で異なるため、それぞれの恋愛運や仕事運などが分かることも魅力の1つですね!

 

ーーーちなみにボミさんの手相はどうなんですか?

私は、生命線と頭脳線がけっこう離れてるので気が強いですね(笑)

 

ーーーなるほど!ちなみに僕はどうでしょう?

あ~、(生命線と頭脳線が)けっこう離れてますね(笑)

たぶん、私たちは周りのルールとかに縛られず、自分のルールに従って行動するタイプですね。

 

ーーーお~、あたってる!すごい!(笑)

 

就活面談が新規事業を立ち上げるきっかけに?

 

ーーーそもそもなぜ、大学生のボミさんが「てのひら占い」という新規事業を立ち上げることになったのでしょうか?

私は九州大学の芸術工学部というところで、アニメメーションやドキュメンタリー映像の作り方を学んでいます。そして、将来は映像などのコンテンツをつくるプロデューサーになりたいと思ってまして、AbemaTVなどをされているサイバーエージェントに興味をもちました。このことをサイバーエージェントの内定者に相談したところ、サイバーエージェントの社員で、その子会社の株式会社ハシゴの取締役との面談の機会をいただきました。

面談では最初に、サイバーエージェントと自分の相性や今後の就活について相談をしました。その後、ハシゴの取締役から「ちなみにハシゴも今後動画事業に取り組みたいと思ってるよ。」というお話を聞いて、

「それ私もやりたいです!インターンシップなど募集はしていませんか?」と聞いて、ハシゴのインターン生として動画事業に取り組むことになりました。

インターンシップを始めてすぐは、ハシゴのPR動画の製作に取り組もうと思っていたのですが、別の方がほとんど製作されていたので、私自身がすることはなく、「何をしたらいいんだろう。」って思っていました。そこでPR動画とは別のコンテンツでの動画事業を考え始めました。

いろいろと調べたところ、最近、料理動画に特化したKURASHIRUや、ダイエットに特化したLifmoなど様々な分散型メディアが注目を浴びており、またインターネットにおける占いの市場が意外と大きいことが分かったので、「手相占い」という切り口での動画事業を始めてみようと思いました!

 

「怖い、怖い」と思いながら、とりあえずやってみる!

ーーーボミさんのお話を聴いていて、非常にポジティブなお方だなという印象を受けるのですが、ご自身では自分のことをどんな人だと思いますか?

私は自分がしたいことは何でもしたいので欲張り屋ですね。でも一方で、自分がしたこと対して他人の期待に応えられるかがいつも不安なので臆病者とも言えるかもしれません。

「私がハシゴで動画事業をします!」と言った時も、実はとても怖かったんですよ。

私は同じ学部の他の学生と比べても、自分のつくる動画のクオリティに自信がなかったので、「できないことをやらされたらどうしよう。」ととても不安でした。そして時には、寝る前に今後の取り組みについて考えて寝れなくなることもありましたね。

 

ーーー今でも、不安で眠れなくなることはありますか?

最近はあまりありませんね。私と同じくビジネスで挑戦しているサイバーエージェントの同期の内定者の姿を見て、勇気づけられたのがきっかけです。現在はできないことへの不安よりも、設定した目標を達成できた時の幸せな自分をイメージするように努力しています!

 

ーーー私がボミさんをポジティブな人だと感じたのには、ボミさん自身の努力も関係していたんですね!

 

学業と動画事業の両立!

 

ーーー大学の授業と動画事業の両立は、大変そうに感じるのですが、普段はどのような感じでお仕事されているんですか?

午前中は学校に行って、そのあと昼からから夜の19時くらいまで出社して作業に取り組んでいます。2日に1本のペースで動画を配信しているのですが、1本あたりにかかる時間が約3時間なので、1日に頑張れば2本動画を完成させる日もあります。

また最近は家に帰ってからも、再生回数やフォロワー数が気になるので、てのひら占いのFacebook、twitter、instagramアカウントを5分に1回くらいのペースで確認しています(笑)

 

ーーーかなりストイックに頑張っていらっしゃるんですね!その原動力は何でしょうか?

私は恥ずかしい思いをするのが怖いんですよ!

「動画事業やってます!」と発信しておきながら、結果を出すことができなかったら恥ずかしく感じると思うので、短いすきまの時間でもできることがあればやっています!

 

夢は、ユーザーに寄り添うプロデューサーになること!

ーーーてのひら占いにおけるボミさんの目標は何でしょうか?

まず、てのひら占い自体としては、Facebook、twitter、instagram全部合わせて、半年以内に100万Viewを目指しています!また、私自身の目標としては、この動画事業を通して将来プロデューサーとして活躍するために必要なセンスを身につけたいと思っています。

 

ーーーちなみにボミさんの目指すプロデューサー像はどんな感じでしょうか?

1番大事なのはバズるコンテンツをつくること!しかし一方で、バズっていても刺激的な要素が多いコンテンツはあまり好きではありません。私は誰かを傷つけるような刺激的なものはつくりたくないなと思います。難しいかもしれませんが、相手のことを考えつつ、バズるコンテンツを作れるプロデューサーになりたいです!

 

読者に向けてメッセージ!

 

ーーーでは最後に読者に向けてメッセージをお願いします!

はい!てのひら占いは、どこでも気軽に占いを楽しめるというのが大きな魅力です!

またおもしろテーマが多いので、1人で見るのもいいし、友達や好きな人と見てコミュニケーションのきっかけにしていただければ幸いです!

 

ーーーボミさん、本日は誠にありがとうございました!

 

〈あとがき〉「てのひら占い」で実際に、恋愛運を占ってみた!

私、もりティーの最近の願望。

「彼女ほしい!」

ということで、「てのひら占い」で実際に自分の恋愛運を占ってみました~

 

 

さーて、恋人に出会える手相はあるかな?ドキドキ。

 

 

旅行線の上に星だと!?えーと、、、、あった!!

この手相があったら、何が起こるというのだ!

 

 

なに~!旅行先で異性と恋に落ちるだと!すばらしい!

ついに俺にもモテ期が!この夏は、いろんなところを旅行します!(笑)

 

 

みなさんもぜひ、てのひら占いで運勢を占ってみてはいかがでしょうか!

てのひら占いの各アカウントフォローはこちらから!
・Facebook

・twitter

・Instgram

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

過去の関連記事

19歳にして起業家!スマホで気軽に教養が深められるちゃう画期的なサービス!

 

『起業はキラキラしたものじゃない。ひたすらに泥臭い仕事だ。』 ブランディングエンジニアCEO 河端保志

 

自分らしく生きる人を増やす会社!九州の学生起業家!