未来を作る学生インターン主導チーム。

歩きスマホに周囲はイラついている?駅や電車を利用するときのマナーあれこれ

 

こんばんは!ハシゴのそーまです!

私はいつも満員電車に乗って通勤していたのですが、思いやりのない人たちが多いように感じる今日この頃です。

降車のタイミングでドアの入り口付近に立ったままどいてくれない人、リュックを背負ったままおろさない人、大声で話す人・・・特に満員電車のときはそういう人たちが余計目立ちますよね。

かといって注意しようとしても、駅や電車内でのルールが明示されているわけではないので判断に迷いますよね。

では、どんな行動がマナー違反になるのでしょうか。

一般社団法人日本民営鉄道協会では、毎年ホームページでは駅と電車内の迷惑行為をアンケートで調査し、ランキング形式で発表しています。

このランキングを見れば、どんな行為が周囲に迷惑だと思われているのかはっきりわかります。

駅と電車内の迷惑行為ランキング

 

1位 騒々しい会話・はしゃぎまわり等 33.8%
2位 歩きながらの携帯電話・スマートフォンの操作 30.6%
3位 座席の座り方 29.6%
4位 乗降時のマナー 27.3%
4位 荷物の持ち方・置き方 27.3%
6位 ヘッドホンからの音もれ 22.6%
7位 携帯電話・スマートフォンの着信音や通話 19.3%
8位 車内での化粧 15.7%
9位 ゴミ・空き缶等の放置 15.4%
10位 酔っ払って乗車する 13.7%
11位 喫煙 13.0%
12位 電車の床に座る 11.8%
13位 混雑した車内での飲み食い 10.8%
14位 混雑した車内で新聞や雑誌・書籍を読む 7.8%
15位 その他 6.8%
16位 電子機器類(携帯ゲーム機・パソコン等)の操作音 5.8%

引用:http://www.mintetsu.or.jp/activity/enquete/2016.html

また、意外にも車内での飲食や化粧よりも歩きスマホの方が迷惑だと思われていることがわかります。

歩きスマホは多くの人がやっていますが、周囲の人には迷惑行為だと認識されているようです。

調べもの、ゲーム、買い物・・・なんでもスマホで完結できる便利な世の中になりましたが、視野が狭くなり、様々なトラブルのもとにもなっています。

朝や終電などのピーク時には、とりあえずスマホはポケットにしまっておいた方が無難かもしれません。

ランキングのトップ5位には「荷物の持ち方・置き方」や「乗降時のマナー」、「座席の座り方」、「歩きスマホ」、「車内での大声での会話」などがランクイン。

周りの人の利用の妨げになるような身勝手な行動にストレスを感じている人が多いようです。

壁に耳あり障子に目あり

特に1位の「騒々しい会話・はしゃぎまわり」については、皆さんも友だちと一緒に乗っているとつい気分が上がって大声で話してしまうときがありませんか?

ひどいときはプライベートな話、公共の場で話していいものかギリギリの内容のものまで聞こえてきたりすることもしばしば。

もしかすると気づかぬうちに、周囲の人々を不快な気分にさせているかもしれません。

話すときの声の大きさや、話の内容が人の気分を害さないか、公共の場ではこういった細かな気配りが大事です。

繰り返しになりますが、電車には多くの人の目があり耳があります。たとえ他人だったとしても、見られている意識、聞かれている意識を忘れないようにしましょう。

どうしろっていうんだ!大荷物のときの乗車マナー

この季節になると、旅行に出かける人も多いはず。空港行の電車は、混雑することも多いです。

リュックなどであれば肩から降ろして足元に置けばいいでしょう。

しかし、キャリーバッグはどうしても座席に座ると幅をとって邪魔になるし、周囲からの目線も痛い・・・そんなときはどうすればいいのでしょうか。

大荷物のときはとりあえず最後部車両へ!

最後部車両の乗務員室前は座席がなく、手すりのみのスペースがあります。

そこであればキャリーバッグを置いても邪魔にならないですし、車両の中でも比較的乗車しやすいエリアでもあるので困りません。

荷物が大きいときは座席に座ろうとせず、最後部車両を目指しましょう。

【余談】満員電車のストレスは戦場以上?!

様々な迷惑行為が横行する電車内ですが、あるイギリスの研究者によると、満員電車で感じるストレスは、戦場にいる兵士が感じるストレス以上なんだとか。

確かに席の奪い合いや他人との接触、ピーク時のすし詰め乗車はまさに戦場そのもの。

併せて周囲のマナーの悪さによるストレスが重なれば、ホームで喧嘩などのトラブルが起こってしまうのは無理のないことかもしれません。

参考:https://nikkan-spa.jp/1014232

ストレスの温床だからこそ、思いやりをもって利用しよう!

皆さんも毎日学校やアルバイト、サークルの活動で疲れていることと思います。

しかし、疲れているのはみんな一緒です。

みんなで使う電車だからこそ、一人ひとりの譲り合う意識、迷惑をかけない意識が必要です。

トラブルを避けるためにも周囲に配慮ある利用を心がけましょう!