HASIGOLOG

世界のユニークな賞3選!!

先日、芥川賞と直木賞の受賞者と受賞作品が発表されました。

年に2度、選考会が行われ1935年に第1回が行われており歴史のある賞となっています。 どちらの賞も、正賞には懐中時計が送られ、副賞には100万円が送られます。

上記の賞は一般的に有名な賞ですが、世界にはユニークな賞があります!

今回はそんな賞を3つ紹介します!

ダーウィン賞

ダーウィン賞とは、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名付けられた皮肉の「名誉」であり、愚かな行為により死亡し、人類の進化に貢献した人に送られる賞です。

受賞資格は、
1.ユニークであること
2,子孫を残さないこと
3,自ら自然淘汰を行うこと
4,正常な判断ができること
5,事実であること

過去の受賞者を見てみましょう!

韓国

エレベーターに入る直前で扉が閉まったことに腹を立て、電動車いすで扉に3度体当たりをして扉を破壊するも、そのまま落下した方が受賞。

ポーランド

男らしさを誇示しようとチェーンソーで自らの首を切断した方が受賞。

アメリカ

自分が虐待していた10歳の息子に包丁を持たせ、「俺が憎いなら刺してみろ」と挑発。一度は包丁を置いた息子にそれを再び持たせてなおも挑発し、ついに刺殺された父親が受賞。
救急センターで発した最期の言葉は「ガキがこんなことをするなんて信じられるか?」だったそうです。

イグ・ノーベル賞

ノーベル賞のパロディーとして設立されて以来、「人々を笑わせ、考えさせる」ことを審査基準としている賞です。

ちなみに日本はこれまで26回中21回も受賞しているイグ・ノーベル賞常連国です。

今までに受賞された研究を見てみましょう!

「バナナの皮の摩擦係数を測定して実際に滑りやすいと証明した研究」を行った北里大学馬渕清資教授ら4人が受賞。 バナナがあるとない場合に比べて6倍滑りやすくなるということの実証に成功しました。

迷惑を顧みず話し続ける人を邪魔する装置「スピーチ・ジャマー」を開発した二人の研究員が受賞。 話している人の声を拾い、約0.2秒後に指向性のスピーカーで声を本人に送り返す仕組みの装置を開発しました。 69d362e53e5623734ca4459498d7ad31-458x386

引用(https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG21008_R20C12A9000000/)

パブリック・アイ賞

「最も無責任で社会的正義に適わない企業」、いわゆる「世界最悪の企業」を決める賞です。

審査員が選ぶ「パブリック・アイ賞」とインターネット投票で決まる「パブリック・アイ・ピープル賞」がありまさう。

2013年の受賞企業を見てみましょう!

パブリック・アイ賞

ゴールドマン・サックス

「同行は1998年から2009年まで帳簿を操作し、ギリシャの債務の半額を膨大な謝礼と引き換えに隠し続けた。その結果、ギリシャを破たんさせ、欧州連合(EU)を金融危機に追い込んだ」との理由です。
その結果、EU域内の納税者は合計100億ドル(9,000億円)の負担を強いられる事になりました。

パブリック・アイ・ピープル賞

シェル

北極での油田開発に、最初に名乗りを上げた会社です。
北極圏で石油探査を行った場合、生態系への悪影響が懸念されます。
シェルは北極圏での石油探査、掘削について、多種多様なプランを用意していると自信をもっていますが、一方では北極での石油探査は、技術的な困難が伴い、環境に与える影響も計り知れないものになる可能性があると認めています。

他にも、東京電力やサムスン電子などの企業もノミネートされています。

終わりに

世界には様々な賞があり、中にはユニークなものもあります。
様々なことに目を向けてみてはいかがでしょうか。

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page