未来を作る学生インターン主導チーム。

読み方は同じでも中身は違う。会席料理、懐石料理の違いって?

温泉旅館や座敷での宴会、高級料亭などで、出されることの多い「和食」。

今回は、知っていると”通”ぶれる和食の知識についての記事です。

会席料理、懐石料理の違いとは?

会席料理

温泉旅館や座敷の宴会で出されるのは、「会席料理」です。

会席料理は、武士の料理であった「本膳料理」という歴史ある饗応料理を、宴会料理として簡略化したものです。
饗応(きょうおう)とは、お客様に美味しい料理を出してお接待して喜んで貰おうとする事、つまりお酒や食事などでおもてなしをすることです。

なので「会席料理」はお酒を飲みながら一汁(汁物)三菜(煮物、焼き物、刺身)を基本とした献立になっています。

お仕事や冠婚葬祭、宴会の席などで食べる日本料理は大体、「会席料理」を指すことが多いのです。

懐石料理

千利休が考案したと言われる「懐石料理」。

懐石料理はお茶会でお茶を美味しくいただくための料理です。

献立や器に季節感が盛り込まれ、侘び寂びを重んじる。正式には「茶懐石料理」と言うそうです。

まとめ

ざっくりいうと、お酒を美味しく飲むための料理が「会席料理」、お茶を美味しくいただくための料理が「懐石料理」です!!

食べ方のマナーとしては、「熱いものを熱いうちに、冷たいものを冷たいうちに食べること」「盛り付けも器と同様、料理の一環なので端から丁寧に食べる」ことなどが挙げられます。

読み方同じでも、違う意味。混同しないように気をつけましょうね!