HASIGOLOG

「準備し過ぎて悪い事なんて1つもない。」

”自己分析”めっちゃ大事!

”自己分析”なんて必要ない。

就活をしてると”自己分析”について様々な意見を耳にすると思います。

では実際はどうなのでしょうか?

僕はどっちだって良いと思います。

やっといて損はないと思うし、営業でも就活でも”準備し過ぎて悪い事なんて1つもない”のです。

何が言いたいかって

やれる事は全部やっちまえ!

ってことです。

そもそもで言えば就活は受験と違って「何点撮ったら合格のテスト」とは違い、企業に必要とされる人間だと期待させる、証明する、ことで内定を得る事だと考えています。

もちろん、面接を受けるのも、インターンに参加するのも、手段のうちの1つ。

そして現状日本の就職活動ではES、GD、面接を経て内定を得るという道は一番広く大きい道です。

それに向けて万全の用意をしておくことが無駄な時間というにはあまりにも野暮だと思います。

でも、学生の皆さんは結構「そんな事、言われなくても分かってるだけどなぁ」とか思ったんじゃないですか?

そう、ここまでの考えきっと”当たり前”のことなのです。

まずは当たり前を徹底しよう。

自己分析をやることも今となっては当たり前ですが、しっかりやってる人って意外と少ないんじゃないかと思います。

しっかりやる。というのは、「どれだけ凄いことをやったか?を考える。」ということではありません。

自分が「どんな時」に「どんな感情」を抱き「どこに向かっているのか」をしっかり”言語化”できるまで考え抜くことです。

そして、もう一つ重要な”用意して当たり前”な項目「志望動機」です。

志望動機で大切なことは、「その企業に私が行きたい、行くべき」という理由になっているかどうか?という事です。

・ そのストーリーは企業に繋がっているか?(しっかり調べないと分からないですよね)

・ そのストーリーは自分に繋がっているか?(自分を知らなきゃ繋がりなんて見えないですよね)

改めて言葉に出すとこれを考え抜くって簡単なことではないと思います。

でもここで一旦、企業側、面接官の立場になって考えてみましょう。

企業研究してくる人はたくさんいます。自己分析してくる人はたくさんいます。

そして、1日に何人もそんな学生たちと話すのです。

業界、企業にもよりますが、周りと同じ事を言う学生を欲しいと思いますかね?

周りとの差別化を図れる自分を個人を活かした志望動機を言える人間のほうが、一緒に働きたいって思いませんか?

ということで、そんな人になるためにまずは自己分析やってみましょう!

shared-img-thumb-TSU853 sousyokuyoriniku TP V

自己分析の基礎編!

私は〇〇な人間です。それは〇〇な経験からそうだと考えました。

〇〇が弱みですが、将来は〇〇になりたいです。

なので、〇〇な御社に入りたいと考えております。

これは、テンプレートに過ぎませんが、テンプレートってつまり基礎です。

基礎ができなきゃ応用なんてできないし、差別化も計れないでしょ?

きっとここまでが考えてきて当たり前。準備してきて当たり前な部分だと思います。

さぁ、考えてみましょう。これはつまり面接のための”準備”なのです。

面接のために準備してこない人間が会社に入って成功すると思いますか?

営業の場、会議の場、発表の場での準備も怠るのでは?と思いませんか?

少しでも考えたのなら面接の準備は徹底してみましょう。

そんな時間がない!って人! そのスケジュール管理だって必要な能力のうちだと思いませんか?

頭の中で準備できたら実際口に出してみましょう。

練習してみましょう。

他人に判断してもらう事で分かる事がたくさんある。

僕、客観視できると思います!なので一人で考えれば十分な気がする。

その意見がまず主観的だろ!ってパターンは、あるあるです。

何度も言いますが準備し過ぎて悪い事などないのです。1度やって本当にしっくりしたと言ってもらえたならそれでいいじゃない。

やらない理由は時間ですか?プライドですか?相手がいないことですか?

とりあえずで良い。他人に伝えてしっくりくるか、友達にでも良いから練習してみてください。

具体的にイメージしてるか、深堀していくうちに周りとの差別化もできるようになっているはずです。

自分の考えを”整合性のとれた言葉”に落とし込むのは簡単なことではありませんが、練習次第で超えられない壁ではないと思います。

shared-img-thumb-TSU888 annabokujyou TP V

そして意外と見落としがちなこと。

【ちゃんと質問に答える】

面接で緊張するのは当たり前。質問に対し答えになっていない学生は実は多いです。

もちろんコミュニケーションをしっかりとるというのも当たり前に必要な能力。

自分で”これは答えになってるかな?”と気になったら、「すみません、これで答えになっていましたか?」と一言聞くだけでも印象はガラッと変わったりするものです。

コミュニケーションを意識した対応をできるように気を付けたいですね。

オススメ記事

当たり前のレベルを上げることの大切さ。

【現大学3年生必見!】18卒の就活はいつから始めたらいいの?

来たれ就活生!人事と模擬面接企画!

インタビュー記事

ボディペイントで超話題!武蔵野美術大学卒”スーパーフラッシュ”チョーヒカルとは? -武蔵野美術大学チョーヒカル-

「人を笑顔にするアナウンサーに!」-就活アイドルキチョハナカンシャさや-

インターンは成長のための手段 -AbemaTVエンジニアインターン稲垣吉政-

施設紹介ブログ

CyberZのオフィスに行ってみた!【マークシティ編】

Creators Clanのオフィスに行ってみた!

【施設紹介】サイバーエージェント アドテクスタジオのオフィスに行ってみた!

RECRUIT

採用情報

私たちと一緒に

働いてみませんか?

to the next page

CONTACT

お問い合わせ

ご相談など

お気軽にご連絡ください

to the next page